PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201412055709

アーティストが南仏に残した足跡 〜 フランスワーキングホリデー

アーティストが南仏に残した足跡 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
アンティーブのピカソ美術館から眺める海。

 リゾート地として名を馳せる南フランスは、19世紀以降、多くのアーティストが創作活動を行った場所としても知られています。紺碧の海に真っ青に透き通る空、緑が美しい山々、色鮮やかな花々と、季節ごとに変わる自然の色や景色は、アーティストたちの想像力を掻き立てたに違いありません。


アーティストが南仏に残した足跡 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
ピカソの住んだヴァロリスの
街にはピカソの作品がある。

 特に画家たちは、ざっと名前を挙げるだけでも、ヴァン・ゴッホ、パブロ・ピカソ、アンリ・マティス、マルク・シャガールなど、そうそうたる名前が並びます。それぞれの画家と南仏との関係は、ゴッホがアルル、エクサンプロバンスがセザンヌ(有名なサント・ヴィクトワールの絵があります。)、ピカソはアンティーブ、マティスやシャガールはニースが代表的です。
今もなお、それぞれの土地にはこれらの画家の功績をたたえる美術館があり、彼らの偉大な絵画が大切に保管され、多くの人達に愛されています。


アーティストが南仏に残した足跡 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
ピカソの住んだヴァロリスの街

 先日、アンティーブに行ってきましたが、アンティーブはもちろん、この近郊の街には、ピカソの足跡を感じられる場所があります。それは、ピカソ美術館であったり、街に飾られているピカソの作品であったり、ピカソの絵画に見られるのと同じ空の色、この地域ならではの景色であったりします。この土地では、現在も確かにアーティストたちの吐息が感じられます。

アーティストが南仏に残した足跡 〜 フランスワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
アンティーブにあるピカソ美術館。
2014年12月05日(金) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]