PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201412025701

24時間営業しているお店はあるの?コンビニなどは? 〜 アイルランドワーキングホリデー

 皆さんこんにちは。現在、午後3時ごろ。でも、曇りなので、家の電気をつけないと何も見えないという状態。どこにいてもそうですが、冬になると家の中にこもりたくなりますね。外に行くのはとっても億劫で、大好きな写真を撮りにいきたくてもお天気が悪くそうもいかず。

 こんな時、日本だったらセブン○レブンに行き温かいおでんなんかを注文できるのでしょうか。そう思うと日本が恋しくなります。日本のお店は、特にコンビニは24時間営業しているところが多いですね。物流関係も、アイルランドに比べたら忙しい雰囲気が漂っています。日本はお客さんにとってはすごく便利な国となりますね。

 一方アイルランドでは、コンビニといえば有名なのはCentraやSparです。もちろんおでんは売っていませんよ。クッキーやら、やたらとお菓子類が多い他、単品でコーヒーやクロワッサンが売っていたりするので、ちょこっとしたランチや朝ごはんに立ち寄る人が多いのを見かけます。野菜等は売っていません。しかし、急に手に入れたい薬など、ちょっとした物は売っています。夜中まで営業しているところも町だとあります。

 こちらでお酒を売るにはお店をライセンス登録しないと売ることができないので、お酒はライセンス登録がしてあるSparなど一部のお店で見ることができます。また一部の地方Centraは町で見かけるところよりも大きなところで、野菜なども売っているところがあり、スーパーのかわりのようになっております。

 さて、24時間営業のお店はあるのか、ということについては、基本的には朝まで営業しているお店はほとんどないといっていいかと思います。イギリスチェーンのTESCOも24時間しているところが英国ではあっても、アイルランドでは大変少ないです。

 こちらにいてよく思うのはお客さんにとって不便な国でも労働者にとっては労働と私生活のバランスがとれていて、労働者にとっては都合がとても良いということ。労働者が睡眠時間を多く取り、家族や友人に会う時間が取れるのはとてもすばらしいことですよね。24時間営業はとても便利なのだけれど、それがない社会で生活しているとなければないで、なんとかなってしまう。きっとアイルランドへ留学に来た皆様はこの「ゆっくり感」に癒されるのではないか、と思います。Enjoy slow life!


2014年12月02日(火) written by Milly from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]