PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201411145684

リバーダンスがやってきた! 〜 イギリスワーキングホリデー

 日本でも爆発的な人気を誇る、『リバーダンス』。1995年の初演以来、世界中の人々を魅了してきたアイルランドの伝統舞踊と音楽を融合させた舞台ですが、先日ついに生で観て来ることができました。

『リバーダンス』の一番の見どころは言えば、もちろんアイリッシュ・ステップダンス。上半身を動かさず両腕を胴体にぴったり固定させたまま下半身だけで踊るのが特徴なのですが、その足のステップのスピードと正確さはとても人間業には思えません。なかでもショーのクライマックスでのラインダンスは迫力、美しさとも見応えがあります。


 アイリッシュ・ステップダンスは、一見風変わりで滑稽なダンスに見えますが、実は、アイルランド人の「アイデンティティー」の象徴とも言えるべきものです。400年以上も昔、アイルランドがイギリスに支配されていた時代に、伝統音楽やダンスを禁止されてしまったアイルランド人が窓の外からイギリスの兵隊に見えないように足だけを使って踊る方法を考えたというのがこのダンスの由来だそうです。

 『リバーダンス』は、アイリッシュ・ダンスだけでなく、フラメンコやバレエ、ジャズダンスの要素なども取り入れたバラエティーに富んだ内容になっています。ショーの中では、これらの異なるダンスを取り込んでいるからこそ、まったく対照的で異質とも言えるアイリッシュ・ダンスが余計際立って見え、「アイルランド民族の歴史とアイデンティティー」というこの舞台のテーマを、確実に観客に伝えられている気がします。

 私が足を運んだ当日も、熱狂的なリバーダンス・ファンで会場は一杯でしたが、リピーターが多いのも頷けます。2008年で日本公演は最後とのことで非常に残念ですが、私もまた機会を作って観に行きたいショーの1つになりました。


2014年11月14日(金) written by Miyo from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]