PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201411045676

フランス和食、その次は!? 〜 フランスワーキングホリデー

フランス和食、その次は!? 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
フランスの和食レストランにて、食前には
ビールで乾杯。「とりあえずビール」は
私語になりつつありますが、
フランスでは日本文化として継承されています。

 いま世界で和食が大人気です。洗練された味と盛り付け、しかもヘルシー、ということになっているようです。フランスでもここ10年来、日本料理レストランが大量に開業しているようです。もちろんすべてが日本人の手によるものではないですが。

 おそらく、フランスで最初のころの日本料理レストランが寿司メインで開業して以来の体裁というか定番ということになっているのでしょう。最初は日本人の手によるものだったのか、現地になじむためそうしたのか、あるいは間違ってそうなったのか?日本食レストランには不思議なところがあります。

フランス和食、その次は!? 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
前菜にはなぜかキャベツのサラダと味噌汁。
近年ピリ辛階層サラダが出回っております。

 前菜にはかならずキャベツサラダ(コールスロー!?)と味噌汁が出ます。まずはスープからというのはわからなくもないですが、少なくとも和式ではないですね。しかしサラダというのはどうでしょう?察するにこれはお漬物あたりが変化したのではないかと。セットメニューには寿司があったり刺身があったり焼鳥があったりですが、寿司、刺身セットメニューでは握りずしのほかに茶碗一杯のゴハンがついてきます。なんだか違和感ありますね、寿司とごはん。

フランス和食、その次は!? 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
弁当、箱にきれいに盛り付け
というのが人気です。こちらは寿司刺身弁当。

 かつてはお酒というと中国系の蒸留酒がでてきたり、デザートはなんだか東南アジア風だったりしていましたが、最近はずいぶんかわりました。日本の料理というと近頃は値の張る寿司よりもお手軽なラーメンのほうが人気でしょうか。弁当という形態も見かけるようになりました。願わくば日本の駅弁文化ががっかりなフランス国鉄の旅を変えてくれるとか。予言ではありませんが、次のフランス和食ブームはおにぎりではないかと思います。

2014年11月04日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]