PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201409265616

夜のベルサイユ宮殿 〜 フランスワーキングホリデー

 9月14日にパリ郊外の数カ所で花火大会が行われました。中でも、パリに隣接するサン・クルーでの花火はヨーロッパ一規模が大きいことで知られます。そんな花火を横目に、この日はベルサイユ宮殿の庭全体に施されたイルミネーション、噴水ショー&花火を見に行きました。

 以前、日中に行った時とはまた違う表情を見せてくれた夜のベルサイユ宮殿は、とても荘厳で美しく、中世にこの地に暮らした人々の生活をついつい想像してみたくなる気分にさせてくれました。

 毎夏期間限定で行われるこのイベントには世界中から多くの人々が集まります。確かに会場ですれ違う人々からは様々な異なる言語が聞こえてきました。中でも、宮殿に施されたイルミネーションは1週間も準備期間を要したとのことで、イルミネーション先進国ならではの技術とセンスで私たち来場者の目を楽しませてくれました。

 夏期はこのように野外でのイベントが盛りだくさんのフランスです。美術館などのインドアも楽しいものですが、アウトドアも天候に恵まれると、とても思い出深いものになります。


2014年09月26日(金) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]