PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201409125597

ミラノからパリへTGVで行ってみよう! 〜 イタリア生活

ミラノからパリへTGVで行ってみよう! 〜 イタリア生活 1 ワーキングホリデー通信
ミラノから1日3便のTGVでパリまで!

 ヨーロッパを旅行する際、一番「魅力」を感じるのは、やはり地続きなので
列車なり車なりで国境を越えることが出来るということ。島国で生まれ育った私たち日本人には、なかなかピンとこないかもしれません。
この夏フランスのパリとイタリア北部の都市トリノやミラノを結んでいる
国際線TGVに乗ってミラノからパリまで列車の旅を楽しみましたので、ご紹介したいと思います。


ミラノからパリへTGVで行ってみよう! 〜 イタリア生活 2 ワーキングホリデー通信
ミラノからトリノを過ぎ、フランスへ。

 毎日3往復運行していますので、まず時間を選びましょう。
ミラノの発着駅はミラノ中央駅ではなく、ミラノ・ポルタ・ガリバルディ駅となるので注意してくださいね。
6時、8時50分、16時10分が発車時間で、ミラノ〜パリ間を約7時間で結んでいます(それぞれ13時23分、16時11分、23時21分にパリ・リヨン駅に到着します)
パリ・リヨン駅からミラノ・ポルタ・ガリバルディ駅間は、6時41分、10時41分、14時41分発となっていてそれぞれ13時51分、17時51分、21時51分にミラノに到着します。慣れない土地の場合は、なるべく夕方に到着地に着くほうがいいかもしれません。


ミラノからパリへTGVで行ってみよう! 〜 イタリア生活 3 ワーキングホリデー通信
車窓は牧歌的な風景が続きます。

 値段は1等クラス、2等クラス、時期や早割と色々と設定がありますのでホームページで確認していただきたいのですが、早割で2等の場合、もしもラッキーならミラノ〜パリ間がなんと29ユーロ!という破格のチケットも出ているようなので、要チェックです。
TGV Italia-Francia - Voyages-sncf.com

席に着いたら、荷物はなるべく自分の目の届く範囲に置かれるのが賢明だと思います。ヨーロッパの駅は誰でもホームまで入ってくることができるので・・・
それと食堂車もありますが、値段があまりに高いので、駅のキオスクやスーパーで何か飲み物やサンドイッチなどを買ってから乗車されるのをオススメします!


ミラノからパリへTGVで行ってみよう! 〜 イタリア生活 4 ワーキングホリデー通信
パリのリヨン駅に到着は約7時間後。

 ミラノを出た列車はトリノを過ぎ、バルドネッキア駅がイタリアとフランスの国境駅。そこから回りの景色がどんどんフランスらしくなり、牧歌的な風景が続きます。表示もイタリア語からフランス語に変わっているので、あぁフランスに入ったのだなと分かるぐらい。
残念なことにパスポート・コントロールすらないので、国境を越えたというスタンプも、何もありません・・・
7時間も過ぎてみればあっという間で、のんびり旅をするには列車という選択肢もありだと思います。飛行機よりもお得な値段なので、時間に余裕のある方はフランスーイタリア間の旅行にTGV利用をされてもいいかもしれませんね。


2014年09月12日(金) written by Maliarda from (イタリア)
Comment(3)


イタリア関連の記事

この記事へのコメント

Maliarda 2015/01/20/18:37
ちえさん;トリノのPorta Nuova駅の19番線辺りにTGVのオフィスがありますので、そちらで受け取り可能だと思います。Buon viaggio!

may 2015/01/16/20:55
投稿者ではないですが偶然通りがかったのでコメントします。

トリノでも受け取り可能だと思いますよ。ただ、券売機ではなくTGV窓口でしょう。イタリア内でも、駅にはTGV専用のカウンターがあると思います、そこへ行けばOKと思います。ミラノではTGV発着ホームの近くにあるのですが、トリノ駅内の正確な場所はわかりませんが・・・

よいご旅行を

ちえ 2015/01/14/03:55
こんにちは!tgvのことで調べていてこちらのサイトにたどり着きました。
来月TGVを利用してトリノからリヨンへのチケットをtgvのフランスのサイトから予約しました。
そこで質問なのですがtgvフランスのサイトから買った場合でもトリノの発券機でtgvのチケットは受け取ることが可能なのでしょうか?
ご存知でしたら教えてください。

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]