PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201409095594

アメリカ旅行記(後編) ワシントン州シアトル 〜 カナダワーキングホリデー

アメリカ旅行記(後編) ワシントン州シアトル 〜 カナダワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
本日の目的地ワシントン州シアトル。
今日中に辿り着けるか!?

 前回に引き続き、今回はアメリカ旅行記の後編です。オレゴン動物園を出て、いざワシントン州へ向かう事になった我が一行。この時点で時刻は午後5時前で、ここから高速道路に乗れば、今夜の宿であるシアトル・タコマ国際空港前のホテルに2時間で到着できます。ですが「走ってきた道をまた逆戻りするのは面白くない」という事で、かなりの遠回り&タイムロスになりますが、太平洋沿いを走る『オレゴン・コースト・ハイウェイ(国道101号線)』を走ってシアトルに向かう事にしました。 が!

アメリカ旅行記(後編) ワシントン州シアトル 〜 カナダワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
道中で通ったアストリア=メグラー橋。
高位置から降りる際はジェット・
コースターに乗っている感覚でした。

 そのルートを選んだのは良かったのですが、すぐに後悔することに・・・。というのも、ポートランドから101号線までの距離が思った以上に長く、しかもその道は延々と続く峠道。ポートランドを出て、両側に木々しか見えない峠道を2時間近く走り続け、ようやく101号線に到達して太平洋が見え始めたのは午後7時前でした。そうしてようやく辿り着いたオレゴン州西北端の港町アストリアにて、驚きの橋を発見!コロンビア川に隔たれたオレゴン州とワシントン州とを結ぶ巨大な橋『アストリア=メグラー橋』で、その様はまるで橋が空から水面へと続くかのよう。全長は驚きの6.5kmで、渡りきるのに4分以上を要するほどの長い長い橋でした。滅多に見れない橋を堪能し、いよいよワシントン州へ突入しました。

アメリカ旅行記(後編) ワシントン州シアトル 〜 カナダワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
航空宇宙博物館『Museum of Flight』

 そうして今夜の宿であるシアトル・タコマ国際空港前のホテルに辿り着いたのは、なんと陽もとっぷり暮れた午後11時過ぎ!高速道路を使わず、あえて遠回りした事で4時間も余分にドライブしてしまった私達なのでした。いやはや、今日中にシアトルに着けて良かった・・・。その日の夜はまさしく「バタン、キュー」で就寝し、翌朝はチェックアウトギリギリまでノンビリ。ホテルを引き払った後は、その足ですぐ近くにある航空宇宙博物館『Museum of Flight』へ。ここへは以前来た事があり、今回は二度目となります。ここはアメリカ西部最大の航空博物館で、コレクション数はかなりのもの。歴代の飛行機や戦闘機、大統領専用機エアフォース・ワンや音速旅客機コンコルド等の飛行機の実物展示を行っています。第一次・第二次世界大戦の展示館もあり、日本人としては目がじんわりしてしまうような展示物も置かれています。

アメリカ旅行記(後編) ワシントン州シアトル 〜 カナダワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
スペース・シャトルの実物大模型も。

 今回ここに来た理由は、新たな展示物である『スペース・シャトル実物大模型』の展示を見たかったから。・・・・なのですが、期待が多き過ぎたせいか、思っていたのとは違う感じで少し残念。コックピットとかも忠実に再現してあるそうなのですが、それを見るには別料金&ツアーに申し込まないといけないとの事で、ここでも残念感を感じる事に。でも「スペース・シャトルはこんなに大きいんだなー」と実感する事は出来ました(笑)。
 今回はわずか3日間のアメリカ旅行でしたが、思った以上にポートランドに見所が多くて驚いた旅でした。シアトルならバンクーバーから車で3時間、ポートランドなら5〜6時間で来れるので、また遊びに行こうと思います。


2014年09月09日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]