PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201408195571

フランスのスーパーマーケット 〜 フランスワーキングホリデー

フランスのスーパーマーケット 〜 フランスワーキングホリデー

 フランスの雨は一度降り出すと約一週間止むことはありません。晴れたら、できる限り日光浴をしようもいうフランス人の気持ちがわかります。また気温が一度に下がるため、パーカー、カーディガンなどは年中必要です。

 今回は日常生活に必要不可欠なスーパーでの買い物に関して紹介いたします。
フランスの主要スーパーはモノプリ、カジノ、カルフール、インターマルシェです。
モノプリは町中の便利なところにあり、自社ブランドの商品もあります。ただ料金は少々高めな印象です。
カジノは郊外に多くあり、かなり広いスーパーです。食材以外にも電化製品や自転車なども販売しています。
カルフール、インターマルシェも郊外にありますが、カジノよりも価格はやや抑えめです。インターマルシェのほうがどちらかというとお得なな印象を受けました。

フランスのスーパーマーケット 〜 フランスワーキングホリデー

 さて、商品の購入方法ですが、野菜類は基本計り売りとなります。
必要な分だけ透明のビニール袋にいれて計りで重さと料金を調べ、機械からでてくるシールを袋に貼ります。
そのため種類の違うものを同じ袋内にいれてはいけません。
機械は写真で表示されているので、言葉がわからなくても簡単に操作できます。

 日本のスーパーとは違いとしては、ワイン、チーズのブースはかなり広いです。ワインの瓶をあんなたくさんに並べることができるのは、地震の心配がないからだろうな、といつも思います。

フランスのスーパーマーケット 〜 フランスワーキングホリデー

 支払方法はかごの中から商品をとりだして、レジのベルトコンベアーにどんどん乗せていきます。前後の人との境をつけるために三角の仕切をおきます。袋は有料なのでレジ近くにあるエコバックを購入するか、自宅からエコバックを持って行く必要があります。レジを通されたら、どんどんとレジの端に流されて行くので、ゆっくりとしている暇はありません。エコバックに次から次に商品を詰めて、支払います。

 また、フランス人は毎日スーパーには行かないので、一人の購入量が半端ではないので、レジにはいつも行列です。

フランスのスーパーマーケット 〜 フランスワーキングホリデー

 慣れてしまえば、野菜、肉などは日本よりも比較的安いので大活躍です。
日本とは異なる食生活を見つけることができるのもスーパーの魅力ですので
スーパーを活用してみてください。

2014年08月19日(火) written by MUU from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]