PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201408125564

フランス、航空機のふるさと 〜 フランスワーキングホリデー

エアバス工場のあるトゥールーズ空港には
出荷待ちの各社航空会社の装飾が
施された飛行機がたくさん。
フランス、航空機のふるさと 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
 フランスは南西のスペイン国境に近い、ピレネー山脈がもう見えそうなところにトゥールーズ/Toulouseという都市があります。この町はごく普通のフランスの地方都市のはずなのですが、ちょっと違うところがあるとすればそれはここが世界を二分する航空機産業の一大拠点のひとつということです。
なんだか変なのが着陸してきます。
フランス、航空機のふるさと 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
 ここを拠点にする航空機製造会社といえば欧州連合航空機メーカー「エアバス」社です。トゥールーズの空の玄関、ブラニャック空港に降り立った人ならすぐに気づいてしまう、空港施設に隣接した旅客機組立工場にはまさに圧倒されるのです。離着陸の航空機のまどからは出荷前の無装飾あるいは出荷先の航空会社に彩られた機体が工場施設に並んでいるのです。
これは愛称「ベルーガ」の輸送機で航空機
組立工場へ部品を運ぶためこんな形に。
フランス、航空機のふるさと 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
 航空産業の町というと教科書的な答えならボーイングのあるアメリカのシアトル、そしてエアバスのトゥールーズ、ハンブルグ。しかしこの二大巨頭といえども何から何まで自力でやっているわけではなく、ボーイングの最新旅客機787には日本の多くの製造メーカーが参画しているように、エアバスにも。
 エアバスは日本の国内線ではあまりなじみがないかもしれません。かつて二本にはJAL、ANAに次ぐ第三の航空会社があり、機材のカラーリングは当時のエアバス社のコーポーレートカラーである虹色でした。近い将来、日本の航空会社で開発中のエアバスの最新機材が導入されるといわれています。さあ乗り心地は!?
あっ、空港の中にこんな変なのか・・・
フランス、航空機のふるさと 〜 フランスワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信


2014年08月12日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]