PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201408085558

スコットランドからイングランドへの小旅行 〜 イギリスワーキングホリデー

スコットランドからイングランドへの小旅行 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ノーサンバーランドの玄関口、
べリック・アポン・ツイード
 先週末から恒例の夏のフェスティバルが始まり、観光シーズンがピークに達しているエディンバラです。エディンバラ市内観光に、グラスゴー、ハイランド観光…というのがだいたいのお決まりパターンですが、せっかくならイングランドにも少し足を延ばしてみたいと思っている人も少なくないでしょう。
 今回はエディンバラから気軽に行けるイングランドと題して、旅のプランニングにも役立ちそうなおススメのスポットを紹介してみたいと思います。

 まずは、日本人観光客には圧倒的な人気のある「湖水地方」。意外に思われるかもしれませんが、エディンバラからは約2時間半〜3時間ほどでの距離です。電車の場合はオクセンホルム駅(Oxenholme)経由で、ウィンダミア駅(Windermere)へ。ウィンダミア駅から主要の村々へは頻繁にバスが出ています。行く場所によっては、交通公共機関の乗り継ぎがよくない場合もあるので、車の方が効率よく回ることができます。

 日本ではあまり知られていませんが、イングランド北東部のノーサンバーランド州(Northumberland)。イギリス人の間では、湖水地方と並ぶほどの人気のスポットです。ガイドブックなどではあまり紹介されていないのが不思議なくらい、ノーサンバーランド州には国立公園、ビーチ、お城などの見所がたくさん。ハリーポッターで一躍有名になったアニック 城(Alnwick Castle)もこの地方にあります。

 エディンバラからはベリック・アポン・ツイード駅(Berwick-upon-tweed)までは、電車で1時間ちょっと。イングランドで一番お城の数が多いエリアとして知られているため、お城巡りをしたい方にはおススメです。それぞれの観光スポットが点在しているので、やはり車があった方が便利です。

 スコットランドを十分観光したら、こういったイングランドのカントリーサイドへの小旅行を旅のルートに組んでみるのもいいかもしれませんね。

2014年08月08日(金) written by Miyo from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]