PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201407225536

身体のトラブルがあればすぐに薬局へ 〜 フランスワーキングホリデー

身体のトラブルがあればすぐに薬局へ 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
肌荒れ乾燥肌にA-DERMA
 先月は約三週間にも及ぶSNCFのストライキによって、フランスに居ることを深く実感しました。
 さて、フランスには日本のコンビニほどの頻度で緑色のクロスの看板を見かけます。それはフランス人にとっては大変重要な存在、Pharmacie(薬局)です。
 今回はファーマシーで購入できるお役立ちグッズを紹介します。
最初の二つは、フランスの硬水に悩まされた方におすすめです。ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、日本の軟水と異なりフランスは硬水です。そのため、日本にいたころの感覚で顔を水でばしゃばしゃ洗うと、水に含まれる石灰が顔の皮膚に残るため、異常に乾燥します。私は顔中粉だらけになりました。
身体のトラブルがあればすぐに薬局へ 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
やけどにBIAFINE
 その際に薬局で相談して勧められたものがA- DERMAです。使い方は朝晩、コットンを利用して顔をふき取ります。メイク落としの効果もあるので楽ちんです。顔中の汚れが落ちるのでコットンが茶色になるときもあります。最初は本当に大丈夫なのか心配でしたが、顔の乾燥も落ち着き、肌荒れもましになったような気がします。
もちろん、個人差はあるので肌に合わないこともあります。
乾燥は顔だけではなく、体にも同様に起こります。先ほどと同じ会社の製品を勧められて購入しました。
 それら以外にも、フランスの強い紫外線でやけどしてしまった場合はBIAFINEを購入しました。フランスの一家に一本はあるのではないかといわれています。やけどに効く万能薬です。一本おおよそ8ユーロです。ひどい日焼けの後には是非使用してください。

身体のトラブルがあればすぐに薬局へ 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
虫さされにONCTOSE
 最後に、虫さされに効く塗り薬はONCTOSEです。夏になると、キャンプやバーベキューをする機会も増えると思います。その分虫に刺される可能性も増えてきます。私は蚊に刺された後に利用しました。約5ユーロでした。
もちろん効能には個人差がありますが、何か身体に異変を感じた場合はすぐに薬局に行かれることをおすすめします。スタッフの方も大変相談しやすいですよ。
2014年07月22日(火) written by MUU from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]