PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201407115527

イギリス人のバカンス・ファッションは? 〜 イギリスワーキングホリデー

イギリス人のバカンス・ファッションは? 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信

 イギリス人流バカンスのファッションイギリスはヨーロッパの中でもドレスコードにうるさい国。そういったことからか、多くのイギリス人女性は、普段からドレスコードを意識して過ごしている人が多いようです。

 例えば、近所の普通のレストランへちょっとしたディナーへというような場合にも、ドレスアップをし、メイクをバッチリ決めて出かける、といった具合。たしかに私の周りをイギリス人女性もディナーやバーなどに出掛けると、ワンピースなどに着替えて、ディナーの場所に現れます。

 先日、イタリアへ出掛ける機会があったのですが、イギリス人にも人気のリゾート地とあって、宿泊先のホテル客の大半がイギリス人。数日ホテル内のレストランに出入りするうちに、イギリス人女性の「バカンス・ファッション」なるものがだいたい見えてきました。

 まず、年齢を問わず、イギリス人のバカンス・ファッションの必須アイテムとも言えるのが、白のパンツ(ロングまたはショート)、ビビットカラーのトップス、花柄のアイテム、サンダル、ビキニ、サングラス。そして、イブニング・ドレス。

 日中はどんなにカジュアルな格好をしていても、ディナー時は必ずといっていいほどイブニング・ドレスに着替えます。ほぼ毎晩、違うドレスを着ていた女性も見かけました。「もしかしたら着る機会があるかも」、程度にドレスを1着しか持参しなかった私がホテル内のレストランでさえ浮いてしまったのは、言うまでもありません。

 ちなみに男性はバカンス時でさえ、ディナーの際は「襟付きのシャツ」を着るのがエチケットなのだとか。「イギリス人」と「ドレスコード」は、バカンス中もどうやら切っても切れない関係があるみたいですね。

2014年07月11日(金) written by Miyo from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]