PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201407115525

ポピュラーなのはクラシック音楽よりアイリッシュ音楽!? 〜 アイルランドワーキングホリデー

ポピュラーなのはクラシック音楽よりアイリッシュ音楽!? 〜 アイルランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
アイリッシュハープとフィドル
 ヨーロッパといえば、クラシックミュージックの本場なイメージも大きいと思うのですが、アイルランドの場合、伝統音楽の存在の方がクラシックのそれよりもずっと大きいように感じ ます(スペインにとっての、フラメンコやギターもそうなのかな?)。
 以前知り合いの方に「アイリッシュミュージックってよく耳にするんですけど、日本の“演歌”みたいなもんっすかね?」と尋ねられたことがあります(笑)。感覚的に似ていそうな気がしないでもないのですが、演歌は基本的に“大衆音楽”であると思うので、伝統的という観点からみたら“民謡”の方がしっくりきそうですね。
「ダニーボーイ(Danny Boy)/ロンドンデリーの歌」や「庭の千草(The last Rose of Summer)」、「春の日の花と輝く(Believe me, If all those endearing young charms)」といった曲は、TVのコマーシャルや音楽の教科書でも聞き馴染みのある曲たちのごく一部といってもよいでしょう。
ポピュラーなのはクラシック音楽よりアイリッシュ音楽!? 〜 アイルランドワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
街のアイリッシュ
ミュージックフェスティバルの看板
 アイルランドには伝統音楽を教えてくれる学校やサマースクールなどもたくさんありますが、春夏秋冬問わずアイリッシュ伝統音楽に出会いやすい場所、それがアイリッシュパブです。「Pub」は≪パブリック・ハウス≫の略称で『公共の家』といった意味があります。その名の通り、地元の人々にとっての社交の場であり、街や村の“リビングルーム”的役割を果たしてきたのです。
ポピュラーなのはクラシック音楽よりアイリッシュ音楽!? 〜 アイルランドワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
アイリッシュパブ正面に飾られていた
アイルランド伝統楽器たち
 さて、アイルランド伝統音楽を演奏するのに欠かせないのは、もちろん伝統楽器。フィドル(バイオリン)や黒い木製のアイリッシュフルート、ブリキの可愛らしい小さな縦笛ティンホイッスル、叩くとトコトコと音がする太鼓、バウローン、アイルランドの国章であるアイリッシュハープ――など数えきれないほど。
ポピュラーなのはクラシック音楽よりアイリッシュ音楽!? 〜 アイルランドワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
伝統楽器の一つ、バウローン。ラグビーなど
スポーツの応援道具にもなります(笑)
 現在はアイルランドのみならず、日本や米国など世界中で愛され、演奏されるようになりました。ワーキングホリデーや留学中に、アイルランドの素朴なケルトミュージックを習ってみるのも良いかもしれませんね。音楽友達が増えますし、社交の場が一気に広がること間違いなしですヨ♪
2014年07月11日(金) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]