PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201406175499

エジンバラのトラムに乗る 〜 イギリスワーキングホリデー

エジンバラのトラムに乗る 〜 イギリスワーキングホリデー
Princes str.駅はエジンバラ城が望める
 先月終わり、5月31日にエジンバラのトラムがついに開通しました。すでに年明けから実際に人を乗せて試運転もしていたようですが、公式に開通式も行われたようです。ちょうど時期を同じくして、友人の結婚式にお呼ばれし、エジンバラに行く機会があったので、今回はそのときのトラム乗車体験談をお送りします。
エジンバラのトラムに乗る 〜 イギリスワーキングホリデー
とっても快適なシート
 先にMiyoさんの記事『ついにトラムが開通! エジンバラ』でご紹介のあった通り、エジンバラ空港から市内中心までは往復8ポンド、片道が5ポンド。待ち時間はほとんどなく、8分〜12分毎に発車します。切符は乗り場入口の自動発券機で購入し、そのまま乗車。出発後に乗務員の方がチェックに来られます。
 さてここで、空港から出るAirlink 100と呼ばれるバスの値段及び待ち時間とを比較してみましょう。片道4ポンド、往復7ポンドで、約10分毎に発車。待ち時間や値段についてはトラムと大きな差はありません。しかし気が付いたのは所要時間の違いです。バスは約25分で中心に着くのに比べ、トラムは約35分。たかが10分なのですが、停車場所によっては、トラムは非常に不便です。

エジンバラのトラムに乗る 〜 イギリスワーキングホリデー
緑の中を走る
 例えばOld Town側のホテルに宿泊予定であれば、Waveley駅のところに停車するバスの方をおすすめします。トラムはエジンバラ城の見えるPrinces Streetや駅から歩いて5分〜10分のSt Andrew sq.で下りることができる点ではとても素敵なのですが、スーツケースで来られる方には、あまりおすすめできません。その理由は、その停車駅から観光客でにぎわう通りを抜け、おまけに道路はあまり平坦ではないためスーツケースのキャスターの摩耗はひどいことになります。それよりは少しでも歩きを減らせるバスの方が楽はできるはずです。
窓からの風景は悪くはありませんが、特別きれいな場所を通ると言うわけではありません。当然のことなのですが、今まで交通手段が限られていた地域の人々の通勤・通学の手段として建設されたトラムなのだと思います。

エジンバラのトラムに乗る 〜 イギリスワーキングホリデー
ウィットがある警告
私は前にエジンバラで約2年生活していたのですが、町を離れるときにトラムの着工が始まっていました。電車や駅が好きなので完成を楽しみにしていたのですが、観光客からの視点で言うと、滞在が短い方にはトラムよりはバス乗車がおすすめです。電車好きとしては絶対に乗りたいと思っていたので、かなり楽しめましたが、時間効率がよいのはまだバスの方と言わざるを得ないかもしれません。
2014年06月17日(火) written by Muchiko from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]