PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201405305480

パリでお墓参り 〜 フランスワーキングホリデー

パリでお墓参り 〜 フランスワーキングホリデー
様々なデザインのお墓が並ぶ
 最近のパリはにわか雨が多いですが、植物にとっては恵みの雨。日に日に色鮮やかな緑が生い茂り、散策には最適の季節となってきました。散歩が大好きなフランス人で溢れる賑やかな公園や庭園も良いですが、もう少し静かで落ち着いた雰囲気の中そぞろ歩きたくなったら墓地へ行ってみましょう。日本ではお墓参りや肝試し(?)等の目的以外にわざわざ訪れる機会は少ないですが、こちらではジョギングや散歩、休憩の場所として身近な存在。そこで今回は、以前ブログで紹介されたペール・ラシェーズ墓地同様、パリ三大墓地の一つに数えられるモンパルナス墓地をとり上げてみたいと思います。
パリでお墓参り 〜 フランスワーキングホリデー
意外に目立たない
ギィ・ド・モーパッサンの墓
 ターミナル駅であるモンパルナス駅から程近く、多くの著名人が眠っていることもあり、お墓を掃除したりお昼を食べたりする地元の人に交じって、観光客の姿も多く見受けられるモンパルナス墓地。純粋にぶらぶらするだけならば不要ですが、折角だから有名人に挨拶していこうという場合には、インターネット上や墓地入口の看板で事前に場所の確認が欠かせません。19ヘクタールの敷地は30の区枠に分けられ、その中に点在する彼らの墓所が番号で記されています。ここの目玉の一つであるサルトルとボーヴォワールや、セルジュ・ゲンズブールらの墓は、世界中から訪れる大勢のファンからの献花等が絶えないため比較的見つけやすいものの、文豪ギィ・ド・モーパッサンほどの人物の墓ですら一般のものに紛れて見つけ難くなっています。「某氏の墓はこちら」といった案内や目印もないですし、ペール・ラシェーズ墓地と違い現在アプリも提供されていないようなので、どうしても見つからない場合は近くの観光客と情報交換。困った時はお互い様ですね。
パリでお墓参り 〜 フランスワーキングホリデー
ファンの聖地・セルジュ・ゲンズブールの墓
有名人に限らずとも、直方体の暗い墓石が整然と並ぶ日本の一般的な墓地より、バラエティに富んだ様々なデザインのお墓が並んでいるので、それだけでも見応えがあると言えるでしょう。小さな教会を思わせる祠のような墓所や、天使等の見事な彫刻や芸術的なオブジェ、故人が生前好きだった小物が取り付けられていたり、手向けられた色とりどりの生花が咲き乱れる花壇のようだったり…しばし都会の喧騒から離れて、風化しかかった墓の前で当時に思いを馳せ、どんな人だったのだろう? と想像してみるのも味わい深いものです。
パリでお墓参り 〜 フランスワーキングホリデー
墓地中央の広場











関連記事
偉人たちの眠るパリ ペール・ラシェーズ墓地 〜 ワーホリフランス 〜


2014年05月30日(金) written by AyumiN from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]