PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201405235477

ブローニュの森を再発見 〜 フランスワーキングホリデー

ブローニュの森を再発見 〜 フランスワーキングホリデー
森の中で見つけたカフェ
 全仏オープン開幕を目前に、 赤土のコートで有名な競技場「ローランギャロス」ではその準備が着々と進んでいます。パリの西に位置するブローニュの森の敷地内にこの競技場は位置します。
パリの「肺」として知られるブローニュの森の広大な敷地の中で、ボート、自転車、レストランを利用する人、そしてマラソンやピクニックをする人がよく行く池周りは良く知られていますが、このローランギャロスがある森の南は、意外と人が少なく、近郊住民に親しまれています。
ブローニュの森を再発見 〜 フランスワーキングホリデー
馬に遭遇。
先日このエリアを散策したら、個人まりとした可愛らしいカフェを見つけました。そして、まだまだ野生の森が残るこのエリアで、野生のウサギを何匹も見掛けたのです。さらに、2つの競馬場(ロンシャン競馬場とオトイユ競馬場)があるブローニュの森では、乗馬を楽しむ人もいます。散歩の途中で馬に遭遇すると何だか嬉しくなります。パリのような大都市からすぐにアクセス出来るこのような自然のオアシスは、パリジャンにとって本当に貴重な財産です。
ブローニュの森を再発見 〜 フランスワーキングホリデー
ブローニュの森はこんなに広大!
これからの季節は、散歩やピクニックにこのエリアをますます活用したいと思います。パリの石畳に疲れたら、緑があふれるブローニュの森の色々なエリアを開拓してみるのも楽しいでしょう。
ブローニュの森を再発見 〜 フランスワーキングホリデー
野生のうさぎも数多く生息しています。
2014年05月23日(金) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]