PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201405065456

ブライトン発バッグブランドOllie & Ni 〜 イギリスワーキングホリデー

ブライトン発バッグブランドOllie & Ni 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
『Ollie & Nic』ブライトン発のバッグブランド
 先週末はあいにく気温が11度まで下がってしまったブライトンですが、町は少しずつ、でも確実に、夏に向けて活気が戻ってきています。
ブライトンへ来る人ロンドナーも多いのですが、観光理由のひとつは海で、晴れた週末には日光浴や(冷たいですが)海水浴する人々であふれかえります。そして他の理由としては買い物。有名なノースレーン(North Lane)など、ブライトン駅と海までの間の地域にとてもおしゃれなお店が軒を連ねています。またブライトンの魅力は、それらがチェーン店などではなく、個人経営や、まさにデザイナーズのものが多いこと。確かに海辺のショッピングセンターに行けば、有名チェーン店があり安く購入もできるのですが、物によってはよい質のものを1点欲しくなることも…。

ブライトン発バッグブランドOllie & Ni 〜 イギリスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
地元クラフトアーティストに会えるマーケット
 先日私は必要にせまられ、仕事用のバッグを購入することに。ロンドンに行けばたくさん種類もあるし、セールもあるだろうけど、交通費がかかる…。「手近で間に合わせよう」と期待もあまりせずにブライトンの町へ出たところ、なんと鞄屋のスプリングセールに遭遇したのです。
いつも「縁がない」と素通りしていたお店、その名も『Ollie & Nic』。そこで知ったのは、2002年にブライトンで誕生したブランドであるとのこと。ビンテージをヒントにデザインされ、使いやすさを追求した商品との説明でしたが、本当に使いやすい!黒を選んで購入したのですが、中は鮮やかなビンテージ風な花柄の布。私の理想にぴったりでほぼ即断即決で購入しました。
ブライトン発バッグブランドOllie & Ni 〜 イギリスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
ブライトンの有名エリアは見るだけでも楽しい!
住んでいる場所のデザイナーさんたちは応援したいもの。私は日本やこちらに住む友人のプレゼントも、できるだけブライトンまたはイギリス発のデザイナーさんで買っています。
ブライトンは様々なアーティストが暮らす、とても魅力的な町です。訪れたことのない方は是非一度、訪ねてみてください!


・ブライトンのショップ等(参考程度)

―Markers Boutique (クラフトなどを製作するアーティストの方々が出すストールが魅力。開催日が1か月に1回程度ですが、手作り作品が好きな方などにはおすすめです!)
http://www.makersboutique.co.uk/#/markets/4556372410


―Ollie & Nic (合皮で価格の低めの鞄もあれば、本革の鞄も。小物も取扱いあり)
http://www.ollieandnic.com/


―North Lane (公式サイト):http://northlaine.co.uk/


*掲載の写真は、いずれも各サイトのスクリーンショット
2014年05月06日(火) written by Muchiko from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]