PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201404225444

チョコレート大すきin France 〜 フランスワーキングホリデー

チョコレート大すきin France 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
復活祭のチョコレート商戦、
かわいいひよこちゃん。
フランス人は甘いものに目がありません。もちろん、甘党には日本人の中にもいますが、逆にフランス人に日本で言うような辛党を見かけないように、フランスでの甘いものの絶対位置は日本とかなり違うようです。ケーキ屋さんの充実したお菓子というと、うっかりすると日本に軍配が上がる可能性もあるのですが、甘さなら圧倒的にフランス。甘くて歯が溶けると思うくらい。
甘いものというとこの季節はチョコレートが目白押しです。といってもこのたびのチョコレートはフランスのオトナの甘さではなく、子供たちに許された甘さのそしてチョコレートの自由といってよいでしょう。チョコレートというとカカオ豆のとれる産地がフランス語圏だったりして、歴史的な思い入れもあるのでしょう。

チョコレート大すきin France 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
コチラはよく見かけるウサギ型。
スーパーマーケットにはクリスマス商戦をしのぐ大量のチョコレートが、しかも子供向けの、もちろん大人向けもありますが、入荷しています。パック/Pâques、英語で言うところのイースターのお祭りのチョコレートです。
基本は卵型のチョコレートで、イースター当日の子供楽しみとしては隠されたチョコレートを宝探しのように探すのです。なので、家族のイベントなら親が家の中や庭に仕込み、公園やテーマパークのようなところではそのような催しが用意されています。しかし、宗教観薄い日本人にはイースターの意義はなかなかわからないものですね。
チョコレート大すきin France 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
左:PAQUESというのはイースターのフランス語で、
日本のゲームがこんな洒落になっています。
右:ちなみに「エイプリルフール商戦!?」
にはこんなものが。
2014年04月22日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]