PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201404015422

IKEA行脚 ロンドンの引っ越しと・・・ 〜 イギリスワーキングホリデー

IKEA行脚 ロンドンの引っ越しと・・・ 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
オーブンで焼き立てほやほやのカネルブレ
引っ越し後大分落ち着いて、やっと新しいフラットにもテレビやネットが通り、家具も一通り全部買いそろえて、ハウスワーミングパーティーも無事(?)終わりました。新しいお家に引っ越する時、物件の中でFurnishedかUnfurnishedを選べるのですが、今回わたし達はUnfurnishedの物件にしたので、引越しが決まってからはIKEAに下見に行ったり、実際に買いに行ったり、また1週間後に足りない家具を買いに行ったり。。と合計で3〜4回トッテナムへイルのIKEAまで通いつめました。
日本と同様、イギリスでも安くてデザインもまあまあ、そして使い勝手の良い家具、というとやっぱりIKEAに落ち着きます。もっとデザインが素敵で高い家具屋さんやデパートの家具コーナーというオプションもあるのですが、IKEAだったらリーズナブルだし、お店に行けば一気に家具から台所用品からベッドリネン類からちょっとした食べ物までまとめてお買い上げできるので、とても便利です。わたしが最初にIKEAを発見したのは2002年ごろ、当時ペンシルベニアに住んでいたので、ニューアーク空港の近くにあるIKEAに初めて行って、家具を買うお店ってこんなに楽しいんだ〜、と思ったのを覚えています。その時はホットドックを食べてクッキーを買って帰っただけでした。その後日本にも沢山IKEAが出来て、家族と冷やかしに行ったりはしたことあるのですが、今回は真面目に家具の大人買いだったので、結構疲れました。。。
ソファやベッドや本棚、キャビネット、テレビ台、椅子、ストール、ドレッサー、などなど大きい家具は全部指定の用紙に書き込んでカスタマーサービスに持って行けば、その後通る台所用品コーナーやリネンコーナーを回っている間にピックアップしてもらえます。お会計のところで、全部まとめて料金を支払って、あらかじめピックアップしてもらっておいた家具を引き取り、そのままデリバリーコーナーへ。IKEAトッテナムへイル店ではその場でデリバリーの手配ができるので、小物含め全て次の日に新しいフラットに運び入れる予定だったのですが、あいにく次の日の配達スロットが空いていなくて、月曜日の配達になってしまいましたが、月曜の朝1に一気に全部運び込んでくれました。引っ越し後もまたIKEAで色々買わなければならず、その時も手で持って帰れないくらいのお買いもの。。。しかし、そんな時もミニキャブをその場で手配してくれるので、20ポンドで自分たちもキャブで帰れるし、一緒に家具も乗せてこれたのでとても便利でした。

そして、IKEAといえば家具も有名なのですが、わたしは密かにスウェーデンのカネルブレ(シナモンバン)が大好きでその場で買って帰り道に温かいのをほおばりつつ電車に乗るのもオツなのですが、食料品コーナーに売ってる冷凍のカネルブレを買って、次の日の朝にオーブンで焼いてコーヒーと食べるのはさらにオツです。こないだ行った時は、なんとカネルブレの小さいおやつ版、カネルスナッカまで発見してしまい、思わず3袋ゲット。少しチンしてから食べると最高。。。時間のない朝のオフィスで食べる朝ごはんはコレと濃いめのラテがぴったりです。すごく前は、クッキーの間にバニラクリームとラズベリージャムが挟んだやつがやたらおいしくてハマっていたのですが、最近はカネルブレ一筋。あと、冷蔵庫にある歯磨き粉みたいなチューブに入ったサーモンペーストもとってもおいしいです。これをライビータみたいなクラッカーに塗れば、それだけでオシャレなおつまみに。それと、ニシンの様々なソース漬けもなかなかイケるおつまみです。家具を買うのは大変だけれども、最後は地味においしいスウェーデンフードを味わえるIKEA、また今度はクッションを買いに近々出没予定です。
2014年04月01日(火) written by Ayako from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]