PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201403255414

アイルランドの博物館はほとんどが無料! 〜 アイルランドワーキングホリデー

アイルランドの博物館はほとんどが無料! 〜 アイルランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
アイルランドの国立博物館
Wikipedia より
 皆さん、こんにちは。先日はSt.Patricks dayがありましたが、ダブリンに住んでいる人はパレードを御覧になれましたでしょうか。アイルランドではダブリン以外でも小さなパレードがこの日はあるようなので、人ごみが好きではない方や遠方にお住まいの方は小さな町のパレードもお勧めです。御覧になれなかった方は日本でもパレードがありますので、来年は見逃さずに行ってみてくださいね。
 今回は、アイルランドのおすすめの博物館をご紹介します。雨の日が多い、アイルランド、時々、暖かいところに一日中いたいと思う時があります。アイルランドの国立博物館は無料なので、アイルランドの動物を剥製にして保存してある博物館、国立図書館、ダブリン城の中にある歴史的なものを保存してある博物館と、一日あってものんびりみれば足りないくらい、何度も足を運んでゆっくり見れる博物館が多く、天気が悪いと物を作ったり、見たり、音楽を聴いたり、歌ったり、踊ったり、日本にいる時よりこのような芸術に費やす時間が多く、感化されます。

 その中でもお勧めの場所は、National Gallery of Irelandという国立美術館です。トリニティーカレッジとバス停が並んでいる道をまっすぐしばらく行くと、美術館があります。中のデザインは結構モダンで、カフェも新しく改造され天井が高くとてもいい雰囲気。また、ここのおみやげやさんは、他のアイルランドのおみやげやさんでは見られないユニークな物が多く売られています。特にアイルランドの画家による絵葉書など、美術が好きな方には良いおみやげが見つけられると思います。その他にも文具など質の良い良いおみやげが探せると思います。美術館の中には1880年代のダブリンが描かれたものがありますが、人々の洋服以外、景色が同じことにきっと驚くことと思います。写真はとることができないので残念ですが、足を運んだ時はぜひご覧ください。アイルランド(ヨーロッパも)はこんなに建造物を大事に当時のまま保存していることに感動することと思います。
2014年03月25日(火) written by Milly from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]