PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201403045386

バイバイ・アーチウェイ ロンドン市内のお引越し 〜 イギリスワーキングホリデー

バイバイ・アーチウェイ ロンドン市内のお引越し 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
どうやってアンパックしよう。。。
今回、またお引越しをすることになりました。ロンドンへ移り住んでから引っ越しは2回目、3件目のお家です。今までの2つの物件は間借りというか、フラットやお家の1軒の1部屋だけを借りていたので、部屋から部屋へと自分の荷物だけを移動させればそれで完了だったのですが、今回はちゃんとエージェントを通して物件を借りて自分たちでユティリティーやテレビ、ネットなども引くので意外と大変です。
ロンドン市内で部屋から部屋へのお引越しをする場合、大抵引っ越す1か月前にノーティスを出します。引っ越し先を探すのは部屋の間借りだったらMixbやGumtreeなどで見つかります。またちゃんとエージェントを通して借りたい場合はRight moveやZooplaなどで見たり、お目当てのエリアの不動産屋さんに直接聞いたり、登録したりしてもいいと思います。引っ越し先が見つかったらいよいよ引っ越し準備です。間借りの場合は荷造りだけで大丈夫ですが、本格的な移動の人は色々なコントラクトの確認とターミネイト、そして次のところのコントラクトの確認をしてたりします。荷造りの段ボールは近所のコーナーショップの空き箱をもらってきたり、またArgosや倉庫会社で売ってる引っ越しセットなるものを買ってもいいかもしれません。セットにはいろんなサイズの段ボールやプチプチ、ガムテープ、ペン、シールなど引っ越しの荷造りで必要なもの全部が入っています。しかも、1BR用セット、3〜4BR用セット、などお家のサイズに合わせて売っているので、自分の必要な分だけ買うことができます。大抵のお店はデリバリーサービスがあるので、重くてかさばる段ボールをお家まで届けてくれるのもとても便利です。

車を持っている人や友達が引っ越し作業を手伝ってくれる人はいいのですが、そうではない場合は引っ越し当日用にトラックや作業員の予約をしておきます。わたしは前回と同じイギリス人のお兄さんに来てもらいました。一人分の荷物で今回は家具もなかったので、荷物の運びだし、運び入れは1時間以内で終わってしまいました。

1年近く住んでいたアーチウェイは意外と日本人は住んでいないのですが、なかなか住みやすかったです。駅の周りはお店が沢山あってにぎわってるし交通やバスの便も最高。わたしは毎朝ノーザンラインでバンクまで通勤していたので、朝の通勤ラッシュは東京並でした。けれど、このラッシュ以外はどこに行くのもとても便利でした。特にアーチウェイから出てるバスが沢山あるので、ほんとバスでどこでも行くことができ、電車が止まったり、ストになってもへっちゃらでした。決してオシャレなエリアではないけれど、普段の生活を送るには穴場なエリアだと思います。


2014年03月04日(火) written by Ayako from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]