PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201402115362

フランス最新自転車競技場 〜 フランスワーキングホリデー

フランス最新自転車競技場 〜 フランスワーキングホリデー
フランス国立自転車競技場、完成。
さあ、いよいよソチでの冬季オリンピック開幕です。フランスはというとメダル候補はともかく、過去に開催地経験もあるウインタースポーツの盛んな国です。栄えある第一回の冬季オリンピックはシャモニ、至近といってももう20年もまえですが、アルベールヴィルでかいさいされています。が、今回の話題は冬季オリンピックではありません。
フランス最新自転車競技場 〜 フランスワーキングホリデー
真新しい木の板張りのトラック、一周250m。
以前に紹介しました(『幻のパリオリンピック2012
)2012年パリオリンピック開催地争いに敗れて、しかし競技予定会場でもあったフランスの国立自転車競技場がパリ郊外に完成してこのほど一般公開となりました。1月末の週末2日間でかなりの人が訪れました。
フランス最新自転車競技場 〜 フランスワーキングホリデー
・カーブの傾きはとんでもない角度ですが、
競技用自転車のスピードならすいすい。
トラック一番外側は観客のすぐそば。
真新しい自転車トラック競技場はすばらしいものでもう感動的ですが、自転車競技になじみのない人にはそれ自体が驚異的です。週末にマウンテンバイクで森に出たり、夏にはツールドフランスでおなじみのこの国でも、観客の食いつき具合からするとかなり新鮮なものなのかもしれません。自転車にはブレーキがなく、ペダルの回転がじかに後輪につたわり走っている限りメダルをまわし続けなければならない特殊な自転車だそうです。
フランス最新自転車競技場 〜 フランスワーキングホリデー
すぐ隣には屋外屋根つき
BMXコースも。
施設はオリンピック誘致に敗れてなお進められた箱物行政の成れの果て!?と心配だったのですがそうではなく、国内はおろか欧州最大級のトラックをもつ競技場のほか国内選手強化のためのトレーニングセンターや宿泊施設、BMX競技場などが併設され、ほとんどが年中一般開放されるとのことです。見学開放の二日間でも、BMXコースではちびっ子体験会もひらかれるほどで。
2014年02月11日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]