PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201402045354

空港でカジノ!? 〜 ドイツワーキングホリデー

空港でカジノ!? 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
スキポール空港内のカジノ
 前回のスキポール空港内美術館に続き、もう一つ施設をご紹介。
ヨーロッパでは格式高いカジノですが、そのカジノがスキポール空港内にあります。

カジノといえば、アメリカを思い浮かべてしまいますが、ヨーロッパが起源とされているようです。
日本でも、合法化を求める動きがありましたが、実現には至っていません。

ドイツでは、温泉保養地として有名なバーデンバーデンに最古のカジノがあり、ヨーロッパの中でも有数の由緒正しいカジノとして、また世界で最も美しいカジノとも呼ばれています。

このカジノ、もちろんドレスコードがあり、その豪華な建物や調度品、また優雅な装いに身を包んだ紳士淑女の社交場として、風格さえ感じてしまいそうです。
私はまだ足を踏み入れたことはありませんが、ハンブルクにも中心地にカジノがあり、5ユーロ程度から賭けたり、お酒を飲みながらゲームをしたりと、日本では味わえない贅沢な時間のようです。
機会があれば、社会化見学の意味で訪れてみたいと思います。

さて、たいていのカジノは入場料がかかるようですが、スキポール空港内のカジノは、入場料がかからず、18歳以上であれば利用可能とのこと。
スロットやルーレットなど、時間つぶしには良いかもしれませんが、時間を忘れて乗り遅れないように気をつけたいですね!
2014年02月04日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]