PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201401245342

イギリスで大ブーム!「5:2」ダイエット 〜 イギリスワーキングホリデー

イギリスで大ブーム!「5:2」ダイエット 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
「5:2ダイエット」の本は
書店でもベストセラーに
年が明けたと思ったら、もう1月も終わり。お正月気分もやっと抜けて、もとの生活リズムを取り戻しつつある頃かと思います。
さて、ここ約1か月、忘年会や新年会などが続き、また典型的な「寝正月」を過ごしてしまったために「太ってしまった…」と、いう方も多いのではないでしょうか?

ここイギリスも似たようなもので、クリスマス・パーティーや大晦日・お正月のパーティー続きで、この時期に体重が増えてしまうというのは、多くの人の悩みのようです。

増えてしまった体重を元に戻すため、お正月明けからジムに行き始めたり、食事制限を始めたり、と本格的なダイエットに取り組み始めた人も多いかもしれません。イギリスのジムも1週間無料体験、入会金キャッシュ・バックなどなど、1月入会者向けの数々のキャンペーンを打ち出しています。

食事制限といえば私の周りで今ブームなのが、「5:2ダイエット」。もともとイギリス発のこのダイエット法はアメリカでセレブの間で大流行となり、それが最近また逆輸入されてイギリスでも大流行しているようです。

5:2ダイエットは、1週間のうち2日だけプチ断食し、残りの5日は普通に食べていい(外食もOK)というもの。プチ断食の期間カロリー制限するだけ{女性は500kcal)という手軽さも人気の理由のようです。このダイエットを実践すると、体重の減少のほか、体が丈夫になってカゼをひきにくくなるなどの効果もあり、冬のダイエットとしてはもってこいかもしれません。

プチ断食はほかにも、糖尿病、高血圧、心臓病、脳卒中、ガンの予防や記憶力の向上にも効果があるそうです。また、食費を抑えられるという点も嬉しいですよね。ただし、10代、妊娠中や授乳中の女性、糖尿病患者にはこのダイエットは不向きなのでご注意を。健康上の問題がある人は、まずお医者さんに相談してみてくださいね。

*日本語訳の本も出ています。
週2日ゆる断食ダイエット
(マイケル・モズリー博士、ミミ・スペンサー/幻冬舎)
2014年01月24日(金) written by Miyo from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]