PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201401035318

クリスマスには・・・ 〜 フランスワーキングホリデー

クリスマスには・・・ 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信

 今回のクリスマスは、スイスとイタリアの国境に近い、フランスのグルノーブルで友人家族と一緒にお祝いしました。友人のお母さんが、すべて手作りのお料理を15人分ほど準備してくれました。メニューは、新鮮な牡蠣、サーモンから始まり、自家製のフォアグラと続き、メインには、キャベツのファルシー(中にはポークや鳥の肝臓などが入っています。)、蜂蜜などでマリネしたチキンをオーブンで焼いたもの、そして野菜をベシャメルソースとチーズでグラタン風にして焼いたものなど、実にお野菜、お肉、シーフードと、豊富な素材とバラエティに富んだ調理法で私たちの舌を大いに楽しませてくれました。

クリスマスには・・・ 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信

もうこれ以上食べきれない、とお腹を抱えていると、さらにそこにチーズのプレート、デザートが出てきます。ここで、待ちに待ったクリスマスプレゼントの交換が始まります。フランスでは、クリスマスには子供にプレゼントを渡すだけではなく、大人同士もプレゼントを交換する習慣があります。クリスマスを皮切りに、フランスでは年末にかけておごちそうを食べる機会が増えます。この季節は、スーパーや食品店などでは、人がごった返し、街角では、ケーキやチキンの丸焼きを抱えて足早に家や友人宅に向かう人を見掛けます。
失業率悪化、増税など、決して喜べないニュースが続いた今年のフランスですが、このシーズンは、みんな笑顔や温かい雰囲気が街に溢れている気がします。Bonne Année ! (良いお年を!)

クリスマスには・・・ 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信

2014年01月03日(金) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]