PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201312105288

ロンドン行きつけ中華料理屋 〜 イギリスワーキングホリデー

ロンドン行きつけ中華料理屋 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
魚はんぺん入り
すっかりクリスマスモードになり、過去で一番のクリスマスマーケット数になっているエディンバラです。クリスマスショッピングで人も多く、週末の混雑は避けたい…と中心街へは足が遠のきます。
さて、先日ロンドンへ出かけてきました。クリスマスの電飾で綺麗でした。ロンドンへ行くと必ず、チャイナタウンには立ち寄ります。以前に比べて食べ歩きができる物が今回少なかったのが残念ですが、いつも立ち寄るお店があります。中華街中心部の銅像のような物がある近くの角に立つ、ガラス張りの小さなお店。窓際では、餃子らしき物を作っているのが見えます。店先には、地元紙で取り上げられた記事が飾られ、お墨付きのようです。中国女性だけで経営されているようで、中国にいるような感覚になる店内です。お客さんも半分近くが、中国人のようなので味も本場並ということでしょう。食堂という言葉が合うのかなと思います。カジュアルな食事にピッタリです。

値段も手ごろで、今回はフィッシュボールスープヌードルを注文しました。麺が選べてボリュームもたっぷり。6ポンド弱とお安く、ロンドンの夜にこの価格は嬉しいです。味もしっかりついています。写真でもわかりますが、出されるお茶は、アルミ製のコップ。なかなかお目にかかれないものです。

その後、チャイナタウンをブラブラ。レストランや雑貨屋、日本でも流行ったパールミルクティー屋などずらっと並びます。やはり人気があるのは、ブッフェ式レストランです。好きなものを好きなだけ。週末ということもあり、こんでいるお店が多かったです。私は次に、甘い物を探しにベーカリーへ。角煮入りのパンや蒸しおこわ、ゴマ揚げ団子と何を買おうか迷ってしまいましたがアンパンとロールケーキを購入。

これが私の楽しいチャイナタウンの過ごし方です。ほぼ食べ物ですが…エディンバラにもチャイナタウンがあったらな〜と日々願っています。
2013年12月10日(火) written by アンナ☆マリア from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]