PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201312105286

TFL博物館 〜 イギリスワーキングホリデー

TFL博物館 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
雰囲気のある館内
前回の記事『ロンドン、まぼろしの駅』に書いたまぼろしの駅、Aldwychツアー後にコベントガーデンでランチを食べ、ついでにロンドン交通博物館にも寄ってきました。実は、このツアーに参加すると博物館のチケットも自動的についてくるので丸1日ロンドンの乗り物づくしの日になりました。前々から気になっていたこの博物館、やっぱり期待通りとても面白かったです。昔から地味にバスが大好きだったので、アメリカに住んでた時もグレイハウンド乗りまくり、大学の中のシャトルバスも大好き、で、日本に帰ってからも都バスを見ると心ひそかにワクワクしていたので、この博物館は相当楽しめました。ロンドンの交通の歴史も紹介されているので、今では走っていないモデルのバスや電車に乗ることができたり(動いてはいませんが)もっと昔の馬車に乗ったり、また地下鉄の運転のシュミレーションもできたりと、大人も子供も見どころ満載の博物館です。
TFL博物館 〜 イギリスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
どこ行きのバスかな。。。?
特にわたしが気に入ったのが、昔からのロンドンチューブポスター展。その時代の様子も分かるし、それぞれのポスターのデザインがとてもかわいかったのでこのポスター展を覗きに行くだけでも価値があるかも。。と思います。一緒に行った友達によると、まえにテートモダンでロンドンチューブポスター展をやっていたそうなので、広告としてよりも、アートとして十分に見ごたえがあります。2000年代のものになると、普段見たことがあるようなポスターもあったりしておもしろいなーと思いました。
こちらの博物館はコベントガーデンの真ん中にあっていつでも開いているので、もし機会があったら覗いてみてください。
2013年12月10日(火) written by Ayako from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]