PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201312105285

クライストチャーチ復興への途中経過 〜 ニュージーランドワーキングホリデー

クライストチャーチ復興への途中経過 〜 ニュージーランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
やっぱりクライストチャーチには
路面電車が似合います
 最近夏日が続いているクライストチャーチです。昼間は27度くらいまで上がる日もあります。でも、よほどのことがない限りは30度以上と言うのはありません。しかも、暑くても日陰に行くと湿度がないだけに涼しかったりします。日本の蒸し暑さとは違い暑くても過ごしやすいですね。
さて、今回はクライストチャーチの復興がスローながらも着々と進んでいる様子をお届けします。


クライストチャーチ復興への途中経過 〜 ニュージーランドワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
いたるところに隠れているサンタ
クライストチャーチに来たことがある方、もしくはガイドブックを見たことがある方はご存知かもしれませんが、クライストチャーチは地震前まで路面電車が走っていました。その後約3年間停止したままでしたが、先日やっと復活したのです。ということで、電車に乗ってきました。
料金は10ドル(約800円)で一日乗り放題ということで、交通手段というよりは観光用です。そして子どもは無料。ですので、家族連れのレジャーとしても利用されています。ちなみに、電車の駅には案内人の人が立っているのですが、日本人の方が活躍されていましたよ。
さて、その電車に乗って今回は博物館に行ってきました。
クライストチャーチ復興への途中経過 〜 ニュージーランドワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
マオリの昔のおうちの玄関にもサンタが
ちなみに、博物館は地震後数ヶ月間は閉館していましたが、比較的早く復活しました。そして、この時期になると、博物館では毎年Santa Searchと言うイベントがあります。サンタが博物館のいたるところに散らばっていてそれを探して、正確な数を当てた人には賞品が当たります。
ちなみに、10−20サンタいるはずだったのですが、私はというと時間切れで9サンタしか見つけることができませんでした。
通常はさらっとしか見ないところでも、サンタを見つけなければということで隅々まで見ることで、今回は5回目でしたが新しい発見もたくさんありました。
クライストチャーチ復興への途中経過 〜 ニュージーランドワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
こんなところにもサンタが!
サンタが隠れているところは本当に様々で、上の方にあるヘリコプターの模型の中に隠れていたり、マオリの生活を復元した展示場の中のいすに座っていたり、ユーモアのセンスが光ります。このイベントは1月までやっていますので、今度はもう少し時間をかけて探したいと思います。
夏はこれからが本番。北半球の皆さんには申し訳ありませんが、サマータイムを精一杯楽しみたいと思います。
2013年12月10日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]