PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201311295274

「見本市の秋」到来! 〜 フランスワーキングホリデー

「見本市の秋」到来! 〜 フランスワーキングホリデー
素敵なお部屋を手作りしよう
 芸術の秋、食欲の秋…様々な楽しみがあるこの季節、見本市の開催もラッシュ! フランス語ではサロン、エキスポ等と呼ばれ、プロだけでなく一般の愛好家や消費者も入場できるものが多く、みんな迷路のような会場を練り歩いています。日本でも大人気のサロン・デュ・ショコラや、フランス最大規模のビオ製品、先日のブログ記事でもふれた写真関係の他、最新作をプレイできるということで、ゲームの見本市も多くの人々を動員しました。パリに関して言えば、見本市用の会場が集まったポルト・ド・ヴェルサイユという場所が多く利用されますが、ヴァンセンヌの森に接するパーク・フローラルもまた雰囲気が異なり良いものです。それでは多種多様なジャンルの中から、いくつかご紹介してみましょう。
「見本市の秋」到来! 〜 フランスワーキングホリデー
フランスで生産されているトヨタ車
 より安価な外国製品が出回る中「メイド・イン・フランス」と銘打ち、代々受け継がれてきた伝統工芸品から最新技術を搭載した機械まで、たくさんのフランス製品を集めた見本市が開かれました。フランス各地の品々を手に取り、生産者から直接お話が伺える良い機会ですが、世界的に有名なピアノメーカーであるプレイエルはちょうど開催時期に工場閉鎖を発表し、残念ながら会場でその姿を見ることはできませんでした…。
「見本市の秋」到来! 〜 フランスワーキングホリデー
アマチュアシェフの料理コンクール
 フランスと言えば、美食大国。食関係の見本市も、季節柄ノエルのディナーやプレゼントを探す人々で賑わっていました。ワインからお菓子まで、フルコースが準備できてしまうのでは? というほどの品揃えに加え、星付き有名シェフのギィ・マルタン氏による料理教室や、アマチュアシェフらの料理コンクールといったイベントもあり、味覚だけでなく視覚からも食を楽しめます。
 手作り大好き! というフランス人で広大な会場が大混雑していたのは、クリエイション・サロン。ペンキやノコギリ等本格的なブリコラージュ(日曜大工)から、色とりどりの手芸、工夫が凝らされたインテリア、需要が高まるカード等の文具、実用的な調理器具…ありとあらゆるDIY(Do It Yourself)の可能性が広がっています。
「見本市の秋」到来! 〜 フランスワーキングホリデー
スタッフのアドバイスも受けながらお買物
色々なテーマのアトリエが催されているので実際に手を動かしても楽しいですし、出展品を用いたディスプレイコーナーでヒントやアイディアを膨らませるのも良いですね。
 会場内で1日楽しめてしまう見本市、新たな発見が待っていますよ!
2013年11月29日(金) written by AyumiN from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]