PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201311155259

パリは「写真月間」 〜 フランスワーキングホリデー

パリは「写真月間」 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
アーティストによるイベント用トラック
 一年中ありとあらゆる芸術を堪能できるパリですが、11月は「写真月間」と言っても過言ではありません!
 まずは、「Salon de la Photo」という大規模な写真関係の見本市。会場には、最新の商品をお披露目する各社のブースが並ぶ他、展示スペースやギャラリーのブースでは、若手から大御所まで色々な写真家の作品を見ることができます。また、今月中旬にグラン・パレで開催予定の写真フェアには、世界中からギャラリーや出版社が参加するので、ちょっとした美術館のような雰囲気が楽しめるでしょう。

パリは「写真月間」 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
Salon de la Photo会場
 国際的に活動するアーティストによる、期間限定イベントも大盛況! 証明写真撮影機のようなものを積んだ小型トラックに乗り込み、撮影後車の外から特大サイズにプリントアウトされた自分の写真を受け取って、建物に貼りつけていくというものですが、老若男女のポートレートで彩られた建物の姿は圧巻でした。
パリは「写真月間」 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
10区の写真展参加店舗前にて
 サン・マルタン運河で知られる10区は、区をあげて写真展を企画しました。総勢145人もの写真家が、約1か月間区内のあちこちで展示を行います。新しい写真家を知るだけでなく、区役所や図書館等の公共施設、ギャラリーや書店、カフェにレストランといった会場を巡っているうちに、区の新たな魅力に出会える町興し的な効果も期待できるかもしれませんね。
 美食の国として名高いフランスならでは? 世界料理写真フェスティバルも行われています。料理をテーマにした写真のコンテストや、ギャラリー以外にカフェやレストラン、ホテルから料理学校まで、料理に関係する会場での作品展示、大人から子どもまで参加できる各種アトリエと、五感をフル稼働させて楽しめるイベントです。

パリは「写真月間」 〜 フランスワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
料理写真コンクール参加作品
 スマートフォン等の発達と普及により、多くの人々がほぼ毎日気軽に写真を撮影する昨今、更に写真の魅力と可能性を発見できる一か月となりそうです。
2013年11月15日(金) written by AyumiN from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]