PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201311125254

1年に一度の花火の日。Guy Fawkes 〜 ニュージーランドワーキングホリデー

1年に一度の花火の日。Guy Fawkes 〜 ニュージーランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ニューブライトンの花火。
The Pressのサイトより抜粋
 ここ最近夏日が増えてきたクライストチャーチです。
さて、ニュージーランドでは、11月に入って数日でとてもうるさくなる時期があります。その期間というのは、一年で一度”お店が花火を販売してもいい”というもの。Guy Fawkes Dayが毎年11月5日なのですが、その日までの5日間だけNZではお店で花火を売るのが許可されています。おもしろいのが、花火は年中いつでもできますが、販売する期間だけ決められているところ。そして、その日が過ぎるとその数日はうるさくパンパンやっていますが、あまり花火をやっている音は聞こえてきません。なので、その販売期間だけが花火をやってよい日と思っている人も少なくないようです。
では、Guy Fawkesって何?と思われる人もいると思います。1605年にイギリスで起こった政府転覆未遂事件の実行責任者がカトリック過激派の一人のGuy Fawkesでした。国王ジェームズ1世らに反抗しようと試みた計画でしたが、直前で失敗に終わったため国王から裁判にかけられ処刑されました。それから毎年、国民を戒める為に11月5日をGuy Fawkesの日と決め教会で説教が行われたり、Guy Fawkesの人形を焼いたりする行事が行われてきたそうです。そしてその文化がNZに来ましたが、それがなぜか花火をする日に変わってきたそうです。

さて、その花火ですが、個人的に購入して花火をやる人も多いのですが、主要都市ではGuy Fawkesを祝って花火大会が開催されます。ここクライストチャーチでは、ニューブライトンで開催されます。海のそばでとても見ごたえがあります。今年はとてもたくさんの人であふれていました。ただ、日本と違うのは、日本のように長丁場ではないこと。そして、開催開始時間が9時であること。なぜかというとそこまで待たないと暗くならないんですね。そして、ここの花火購入に対して思うのは、日本よりも種類も少なくそして高い。まあ、しょうがないですね。

これからもっともっと日が長くなるので、暗くなって花火を楽しむのは10時以降になります。花火をする日は夜更かししなければいけないですね。。
2013年11月12日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]