PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201311055245

通勤にスニーカーはいかが? 〜 イギリスワーキングホリデー

通勤にスニーカーはいかが? 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
石畳が多い場所にはスニーカーが活躍です
先日から冬時間になり、風も冷たくなってきたので、冬の到来を実感しているこの頃です。さて、通勤をしてふと気が付いたことを今日はみなさんに紹介したいと思います。
ロンドン通勤の雑踏の中で、下を向き加減に歩いているときに気が付きました。それはスニーカーを履いている女性の多さです。年齢を問わず、上は美しいコートにスカーフ、そして黒のタイツ…そしてスニーカーです。
当初はジョギングついでかと思っていたのですが、みなさん普通に歩いているだけ…(もちろん中には走る人も)。こういった女性は会社にヒールや会社用の靴を机の下などに用意しておき履き替えるのです。特に黒のタイツに真っ白のスニーカーはかなりのコントラストがあるので、そのコンビネーションに衝撃を受けたのですが、後日私にも「決断」のときがやってきました。

と言うのも、ロンドンの道には石畳も多く、歩くとヒールや靴の底のすり減り方やダメージがかなりあります。これだといくら質のよい靴を買ってもなかなか長持ちしてくれません。また地下鉄などを利用すると、階段・エスカレーターも長い!このとき電車の乗り換え時間のプレッシャーがあれば、気にせず走れるスニーカーはやはり使用価値があります。

始めは色が暗めのスニーカーも探していたのですが、結果的に白のものを購入した私です。
スニーカーは確かに優雅な通勤姿ではないかもしれませんが、心なしか「運動してみよう!」と言う気すら起こしてくれたように思います。姿勢にもより気を付けるようになり、かつ楽に歩けるので一駅歩くのも苦にならず、前は利用していた地下鉄も現在は乗らなくなったほどです。

英国で働くことが決まったら、ぜひスニーカーを通勤のお供にしてはいかがでしょう。職場でヒールに履き替えて「仕事スイッチ」が入る感覚もまたいいものだと思います。

*現在は日本でもスニーカー通勤の方々がおられるのかもしれませんが、残念ながら日本での通勤におけるスニーカー普及率を執筆者は存じておりませんので、ご理解いただけると幸いです。
2013年11月05日(火) written by Muchiko from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]