PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201310085211

風邪の初期症状に 〜 イギリスワーキングホリデー

風邪の初期症状に 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
お湯に溶かして就寝前に飲むと汗もかけます!
ここ最近、ブライトンは湿度が高く、雷や雨の続く天気でした。どこかどんよりする日が続くと、風邪引きが増えてくるのがこの時期な気がします。
昔、学生として初渡英した際ひどい風邪を引いてNHSのGP(かかりつけ医)に診てもらったことがありました。抗生物質という名の処方箋はGPの口から一切でることはなく、紙に『Cold and Flu』(粉末の薬でお湯に溶かして飲む)と『Ibuprofen』と書いてくれ「普通の薬局で買えるから。これを飲んで寝れば治る」とはっきりと言われたのを覚えています。あれ以来、安売りのときに買いだめ、私には合っている風邪薬として常備薬にしています。

風邪の初期症状に 〜 イギリスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
うしろにみえる『Strepsils』はのど飴です。
また最近ホルモンバランス不安による顔の火照り、それによる頭痛に悩んでいたとき、知人から進めてもらったハーブティンクチャー(ハーブの滴)があって飲んだところ効果てき面。調子に乗って風邪初期症状によいとされる『Echinaforce』を購入してみました。風邪を引きかけの私とパートナーで一緒に飲んだところ、私は2日で症状がなくなり、彼は残念ながら熱にうなされることに。効果は通常の医薬品ほどではないかもしれませんが、飲むタイミングと基礎体力、そして食欲さえあればこのティンクチャーで乗り切れそうです。
日本から常備薬を持ってきておくことも大切ですが、万が一に備え、こちらで体に合う薬を自分なりに探してみることも、医者いらずになる第一歩かもしれません。

*ハーブティンクチャーは効果の個人差があると思います。あくまでも個人の経験ですので、上記記事は参考としてお考えください。
2013年10月08日(火) written by Muchiko from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]