PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201309245196

NHSについて 〜 イギリスワーキングホリデー

NHSについて 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
届いた検診のリーフレット
そろそろイングランドでは学校が新学期を迎えます。はじめて長期で渡航される方にとって、留学保険などは費用も掛かるうえ、万が一こちらで病院にかかるとしたら…と思うと不安があるのではないでしょうか。
今回は英国のNational Health Service(NHS:イギリス国民保健サービス)について少しご紹介をしたいと思います。そもそもNHSは支払い能力に関わらず、だれでも無料に利用が可能な医療サービスです。(今後の政府の動向にもよりますが、現在は)6か月以上合法的に英国滞在が可能な査証を取得していれば、国籍にかかわらずサービスを受けられます。

英国に到着したら、住居の証明書になるもの(私の場合は「公共料金」の請求書が大家あてなのでそれらは持って行けず、賃貸契約書とカウンシル・タックスの証明書)を持って、自分の家から徒歩圏内にあるNHSに行き、GP(General Practitioner:一般医)を選択、登録します。診察を受けたいときは事前に予約が必要ですが、当日に行っても、待てば診察を受けられます(*しかし、こちらは人の込み具合によっては待っても診療が受けられないことも!)。
もし持病があるなど、専門医の診察が必要な場合は、GPにまず行き、そこから専門医を紹介してもらって専門病院へ行くことになります。

私の登録しているNHSでは、GPではなく「診療所に登録」となっているので、具合が悪いときなどは待ち時間が比較的少なくかなり助かっています。また喘息ケアのための特別診察日もあり、受付も親切!心の中では『当たりのNHS』と思っています。場所によっては、あまり雰囲気のよくないNHSも残念ながらあるので、登録時は下記のNHS公式ホームページでなんと口コミも見られるようになっているのでそちらを参考にしながら選んでください。

最近はNHSから子宮頚部検診(Cervical screening)のお知らせが来ました。リーフレットにわかりやすく説明があり、もちろん受けても無料です。
受診に待ち時間が長い…などの不評も聞くことはありますが、治療が誰でも受けられることはすごいと心から思います。もちろん治療を受けることなく、健康が一番です!
今から生活をスタートされる方も、在英の方も、季節の変わり目なのでくれぐれも体に気を付けてお過ごしください。

NHS
http://www.nhs.uk/Pages/HomePage.aspx


2013年09月24日(火) written by Muchiko from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]