PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201309205194

キオスクがステージに変身! 〜 フランスワーキングホリデー

キオスクがステージに変身! 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
公園入口に掲げられた
イベントのポスター
メトロの出入り口付近で、新聞や雑誌等を販売しているスタンドのことをキオスクと言いますが、パリにはもう一つキオスクがあります。それは、公園や庭園で見かける東屋。今回、こちらのキオスクを舞台にした、無料コンサートに行ってきました。
 今年で5回目の開催となる「キオスコラマ」というイベントは、主にパリ市内に点在するキオスクで、様々なジャンルの無料コンサートを行うというもの。16日間で実に42ものコンサートが開かれると同時に、子ども向けのワークショップや、アーティストによる作品展等が併設される場所もあります。大体午後から始まり、1回で約3組のアーティストが出演するので、新しい才能に出会う機会にもなります。

キオスクがステージに変身! 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
園内の卓球場で盛り上がる子ども達
 舞台となるキオスクがある公園の入口には、ギターを持った小鳥のポスターが。お目当てのコンサートが始まるまで、園内をぶらぶら散歩していたら、卓球に熱中する小さなパリジャンと出会いました。無料でクッキーやお茶がふるまわれる嬉しいサービスの他、地域のお知らせを配布するスタンドもあり、今回のイベントを通して地元民だけでなく、初めてやって来た人にも、よりこの地域を知ってもらおうとする意識が感じられました。
キオスクがステージに変身! 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
続々と人々が集まってきます
 さて、いよいよアーティストがキオスクの壇上に登場し、演奏をスタート。いつも見慣れているキオスクですが、今日は何だか違う表情を見ているよう…。大音量の音楽を聞きつけ、学校帰りの子どもを連れたお母さん、仕事が終わった会社員、おしゃべりしていた学生達、バゲットを抱えたご年配の方…老若男女が、続々とキオスクの周囲に集まってきました。最初は「何だろう?」と興味本位で立ち寄った人も、いつの間にか皆ノリノリ。中には踊りだす人も! 人と人、そして人と場所を音楽の力で結びつける、楽しいイベントでした。今年は初めてリヨンでも開催されるそうですが、今後フランス全土に広がっていくかもしれませんね。
キオスクがステージに変身! 〜 フランスワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
キオスクのステージで演奏するアーティスト
2013年09月20日(金) written by AyumiN from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]