PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201309175190

フランケンワインを買い付けへ 〜 ドイツワーキングホリデー

フランケンワインを買い付けへ 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
マイン川斜面に広がる葡萄畑
 ドイツの玄関口であるフランクフルトから南東へ120km、バイエルン州にWuerzburg(ヴュルツブルク)というフランケンワインの集積地があります。
今年もここへ美味しいフランケンの買い付けへやって来ました。
ドイツへやってくると、独特の形をしたボトルワインを空港などで目にする機会があるかと思います。

フランケンワインを買い付けへ 〜 ドイツワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信

ボトルを潰して平たくしたような独特の形、これがフランケンワインです。
一般的な細長い瓶と比べて、倒しても転がらないという利点があるようです。

ヴュルツブルクの象徴でもあるマイン川の両側の斜面に広がるぶどう畑。
この景観も素晴らしいのですが、その川から照り返す日の光を存分に浴びた葡萄から作られるこのフランケンワインの味はまた格別で、ドイツへ来てから虜になりました。

フランケンワインを買い付けへ 〜 ドイツワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
フランケンワインのボックスボイテル
ドイツワインはリースリングのイメージが強いですが、ここヴュルツブルクではシルヴァーナーという品種が有名です。
リースリングは女性に例えられることが多いようですが、フランケンワインはどちらかというと男性的で、コクが強いです。
酒豪のゲーテも、このフランケンワインを好んで飲んだといわれています。

町を散策していると、醸造所やフランケンワインを飲ませてくれるレストラン、またカフェ代わりにワイン片手に談笑する観光客、このワインを求めてやって来る人が多いのです。

フランケンワインを買い付けへ 〜 ドイツワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
たわわに実る葡萄たち
今回も試飲して気に入ったワインを箱で購入。
なくなるとつい恋しくなるフランケンワイン。
このワインに合うお料理を考えるのもまた楽しみです。
この町へ来たら是非フランケンワインをお試しください!

2013年09月17日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]