PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201308275160

バンクーバーの夏季博覧会『The Fair at the PNE』が開催中!  〜 カナダワーキングホリデー

バンクーバーの夏季博覧会『The Fair at the PNE』が開催中!  〜 カナダワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
今年も『PNE』が始まりました!
 ここ数日間、晴れたり曇ったりが続いているバンクーバー。しかしまとまった雨が降る事は殆ど無く、とても過ごし易い夏となっています。そんな過ごし易い気候の中、先々週の土曜日(17日)から、バンクーバーの夏季博覧会『Pacific National Exhibition(通称PNE)』が開幕しました。私も先日行って来たので、今回はこの『PNE』をご紹介したいと思います。

『PNE』とは、毎年8月半ばから9月頭に掛けての約2週間、バンクーバー市内にある広大なヘイスティングス・パークで毎年夏に開催される夏季博覧会の通称です。名称は“Exhibition(博覧会)”となっていますが、これは初開催当事(1910年)の内容が商業博覧会であったためで、現在は“博覧会”というより“夏祭り/サマー・イベント”に近い内容となっています。
バンクーバーの夏季博覧会『The Fair at the PNE』が開催中!  〜 カナダワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
バンクーバーの遊園地『Play Land』。
フェア期間中は“PNEの一部”になって
イベントを盛り上げます。
イベント会場のヘイスティングス・パーク内には「ヘイスティングス競馬場」、ジュニア・アイス・ホッケーの試合が行われる「パシフィック・コロシアム」、乗馬イベント等が開催される「アグロ・ドーム」、アグロ・ドームに隣接し、馬や家畜などを収容している「家畜厩屋」、ホッケーの試合やコンサートに使用された「フォーラム」、そしてバンクーバー唯一の遊園地「プレイランド」があります。PNE期間中は競馬場を除く全ての施設がPNEイベント会場となるので、遊園地で遊んだり、イベント会場を全て見ようと思ったら、一日だけでは足りないかもしれません。

バンクーバーの夏季博覧会『The Fair at the PNE』が開催中!  〜 カナダワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
見渡す限りずらりと並んだ食べ物屋台。
この人手はまだまだ序の口。
 広大な敷地をフル活用したイベントなだけに、食べ物屋台の数もかなりのもの。プレイランドからアグロドーム前までの300mほどの道が食べ物屋台がギッシリと埋るほど。多民族国家カナダなだけあって、食べ物の種類もマルチ・カルチャー。色々な国の食べ物を楽しむことが出来ます。しかしイベント価格なだけあって、食べ物の値段は通常の2倍以上。まあ、これは「お祭りだから・・・」と割り切って楽しむしかありませんね(苦笑)。

バンクーバーの夏季博覧会『The Fair at the PNE』が開催中!  〜 カナダワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
PNEでは日替わりでプロのミュージシャン達
によるライブコンサートが開催されます。
(Photo credit: pne.ca)
 「PNE」期間中は連日、日替わりでプロ・ミュージシャン達による野外ロック・コンサートが行われます。新人から往年のベテランまで、彼らの迫力の生演奏を(PNE入場料をさえ払えば)無料で楽しむことが出来るのもPNEの魅力の一つ。今回、私はコンサート等は一切観ずにスーパードッグ達が達者な芸を披露してくれる「スーパー・ドッグ・ショー」をパシフィック・コロシアムで観たんですが、これがもう凄いのなんのって!すっかり興奮して見入ってしまいました、私(笑)。来年はコンサートでも盛り上がりたいものです。
 それにしても今回の記事を書くまで、PNEが1910年以来100年以上も続いてきた歴史あるイベントだという事を、私は全く知りませんでした。その間に起きた第二次世界大戦中は流石に数年中止されたそうですが(実はPNEイベント会場である「家畜厩屋」と「フォーラム」は、第二次大戦中に日系人強制収容所として使用されたという暗い歴史があります)、それを除けば1910年からずっと開催され続けているんだそうです。PNEが如何にバンクーバーっ子達に愛され続けて来たかが、この年数でよく分かりますね。今年は9月2日まで開催されるので、近くにお越しの際は行ってみては如何でしょう。


●Pacific National Exhibition (PNE)●

http://www.pne.ca/index.html


2013年08月27日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]