PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201307025073

ベルギー、ブリュージュを訪れて 〜 フランスワーキングホリデー

ベルギー、ブリュージュを訪れて 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
町の中心の広場は豪華、
馬車だってやってきます。
フランスを離れてベルギーを訪れる旅、今度は尖塔が美しい町、ブリュージュ/Brugesです。ブリュージュあるいはブルージュというのはこの地の仏語系発音ですが、ここではフランス語ではなくオランダ語系が話され、ブリュージュではなくブルッヘ/Bruggeと発音します。町のカンバンから道路標識の地名まで、ブリュッセルとは違いまさに異国です。
ベルギー、ブリュージュを訪れて 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
町のシンボルの尖塔と運河と橋。
遊覧船がゆうらゆら。
ただ、町並みや建築物は、レンガ造りで窓が大きく、そんな特徴がブリュッセルのものと違わないように感じます。町の中心には石畳の広場もありますし。歴史的な美しい塔や建築物のある町の中心はそれほど大きくなく、あるいて自由に見て回れる気楽さです。
調べると町の名前の由来は「橋」にあるそうですが、確かに橋が多いというか、街の中心には水路や運河があります。水路や水運がヨーロッパの町でおおきな役割は果たしてきたというのは多くの町で見られますが、そういったものが現代の町にあまり残っていない日本からすると不思議な感じです。

ベルギー、ブリュージュを訪れて 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
ベルギーに来たならコレははずせない、
ムール貝のワイン蒸し。
付け合せは山盛りのフライドポテト。
ただ見逃しただけかもしれませんが、ここではおいしいムール貝やベルギーワッフルの屋台売りにお目にかかることができました。そしてベルギー土産といえば高級チョコレート。もちろん高級なものはフランスにもありますが、ベルギーではなんだか全般的に高級感があるのは気のせいでしょうか。
ベルギー、ブリュージュを訪れて 〜 フランスワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
ベルギーにきたならコレは絶対に
はずせない、ワッフル。食事の
デザートにも、コーヒータイムの
お供にも、町の散策で歩きながらも。
2013年07月02日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]