PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201306115042

食材選びの失敗談 〜 イギリスワーキングホリデー

食材選びの失敗談 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
テスコクリームフレシェ
お菓子作り好きなら1度は失敗したことのある方もいるかと思います。イギリスで生クリームは、何を使いますか?売り場には大抵2、3種類のクリームがあります。クリームフレシェ、シングルクリーム、ダブルクリーム、ホイップクリーム等。渡英当時は、どれが日本の生クリームにあたるのかさっぱりわかりませんでしたが、ようやく使いこなせるようになりました。
シングルクリームは、どんなにがんばっても泡立ちません。これは、スープやコーヒーなど液体として使う用のものです。名前の通り、ホイップクリームは、ケーキなどのデコレーションに使えます。ダブルクリームが、私には一番使い勝手がいいです。スープやクリーム系料理に加えたり、ホイップクリームとしても使っています。英国人は、これをプディングやパイなどに液体のままソースとしてかけています。日本の生クリームという言葉だけでは足りない、クリームたちです。

そしてクリームフレシェと呼ばれる、ヨーグルトのような固形は、イギリスの乳製品売り場でよく見かけます。生クリームというよりもサワークリームに近く、酸味があります。スープの仕上げにいれたり、メレンゲを焼いた物の上にクリームフレシェとベリー系を乗せてデザートにしたりというレシピがあります。簡単でとってもおいしかったです。他にもマヨネーズ代わりに、サラダドレッシングとしても使っている重宝食材です。ヨーグルトの代用として使うこともあります。年月と失敗を重ねて、ようやく納得いく使用方法を見つけることができました。きっと同じような経験をされている方は多いと思います。素敵な発見をされた方は是非教えてください。
2013年06月11日(火) written by アンナ☆マリア from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]