PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201305315029

ミュージアム・デイ2013 in Montreal 〜 カナダワーキングホリデー

ミュージアム・デイ2013 in Montreal 〜 カナダワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信

夏らしい季節はどこへ行ったのやら、冬のコートを引っ張り出して、おまけに雨も降って気分の乗らないモントリオール。さて、この2週間に何があったか振り返ってみると「悪天候以外に何もない!」と思っていましたが「ミュージアム・デイ」がありました。これは1年に1回モントリオールのすべてのミュージアムが無料になる日なんです。更にいいことは市内中心部からミュージアムを巡回する6つの無料バスが頻繁にあります。なので時間短縮にもなります。

ミュージアム・デイ2013 in Montreal 〜 カナダワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
巡回バス
その中でも私が目を付けた場所は今年の4月にオープンしたばかりの「Rio Tinto Alcan Planetarium」まだ行ったことはないのですが知人の話によると週末はいつ行っても人がいっぱいという大盛況ぶり。行き方はメトロの緑のラインのViau駅から徒歩圏内。同じ敷地内には動物のいるバイオドームや植物園、昆虫館などもあり一日中楽しめます。プラネタリウムの入場料は大人18.7ドル、学生14ドル、子ども9.5ドル(植物園と昆虫館への入場料も同じくらいします)と決して安くないのですが、これがミュージアム・デイにはすべてタダになります! これは行かない手はないのでは!?
ミュージアム・デイ2013 in Montreal 〜 カナダワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
この日にちなんで古いバスの展示も
まぁ、しかしながら考えることはみんな同じなのでミュージアム・デイにここへ行くといつも以上に待つことは必須です。人気の展示があるミュージアムなんかも建物の外まで行列を見ることができます。行きたい人は朝一の時間で行くのをお勧めします。モントリオールにはたくさんミュージアムがあるので是非1つは訪れてみてください。
2013年05月31日(金) written by Satomi from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]