PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201305245024

イギリス人とパーティ 〜 イギリスワーキングホリデー

イギリス人とパーティ 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ディナーの準備も楽しい
 アメリカほどでないにしても、イギリスにいると「パーティ」に参加することが多くなります。パーティの形態は実に様々です。シェアハウスなどに住む若者たちなら、つまみとドリンクだけでたくさんの友人たち(友人の友人など)を気軽に招待したパーティを開催します。主旨は「おしゃべり」で、また面白い話が大好きなイギリス人とあって、だいたいはユーモアのある小話披露会に発展するので、英語が堪能でないと始めはなかなかとけ込むのが難しいかもしれません。また、若者たちはテーマを決めた仮装パーティを開催することも多いようです。ハロウィーン・パーティはもちろんのこと、そうでない日も、映画やアニメにちなんだ「コスプレ」衣装でパーティを行うことがしばしばあります。体を張った集まりですが、英語が得意でない場合は、こういったパーティの方が参加しやすいかもしれません。
 そして、一番多いのが「ディナーにお呼ばれ」という形で参加するパーティではないでしょうか。お友達が自宅に友人を招き、手料理を振る舞うというディナー。イギリス人は、日本人とは異なり、自宅に友人を招くことが大好きです。自宅に招くことで、親交をもっと深めたいと考えたり、またゲストを友人して受け入れていることを証明するようです。そんな我が家も、イギリス人の夫が週に2回は友人たちをディナーに招いています。日本に住んでいた頃は、1週間に何度も友人を呼んで夕食を振る舞うという習慣に慣れていなかったので、始めは気疲れしたり戸惑うこともありました。けれども、「社交」がとても重要なイギリス社会では、このような集まりにも頻繁に顔を出せるよう心がけることが大切のようです。
2013年05月24日(金) written by あっこ from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]