PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201305074982

モンサンミシェル再生計画 〜 フランスワーキングホリデー

モンサンミシェル再生計画 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
モンサンミシェルへのアクセス、
かつての地続き道路とその脇の
駐車場を廃して水上橋を架ける
工事現場の最前線
(上2013年5月、下2001年12月)
フランス好きのひとならきっとあこがれる、あのモンサンミシェルが今改装工事真っ只中です。工事といってもよくある史跡の修復というレベルではなく一大土木工事です。名づけて「モンサンミシェル再生計画」。世界遺産でも超有名なこの地は紀行番組にも登場するので、これまでもそしてこれからもこのネタが登場することでしょう。
工事開始の様子は以前のワーホリネット記事でも書きましたが(『フランス世界遺産探訪 〜 ワーホリ 生活 〜』)、このたびの訪問では工事が進行して景観がすっかりかわっておりました。以前道路で地続きになっていた部分をかつてあったような孤高の島の姿に復元すべく、すぐそばの河川砂防施設や、河岸改修、加工部分の浚渫が進んでいます。


モンサンミシェル再生計画 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
上から見るとこんなにかわっている
(上2013年5月、下1999年3月)
モンサンミシェル再生計画 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
地形の変化は地上でもわかります
(上2013年5月、下2008年5月)
モンサンミシェル再生計画 〜 フランスワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
シャトルバスしか走らなく
なった街はすっきり
(上2013年5月、下2008年5月)
モンサンミシェルの島直前のホテルやレストランのある町はすでに一般車両侵入となっており、訪問者は専用駐車場から歩いて目指すか、町に出てそこからの無料シャトルバスにのることになります。地続き道路はいずれ撤去され島は完全な孤島となり、代わりに水上の橋が本土から島をつなぐ道となります。
工事の進行ですでに島に近い河岸の草原は立ち入りができなくなり、満潮時の水位も敏感になっているようです。完成の後ははれてかつてのモンサンミシェルが回復されたことになりますが、逆にかつてあった地続きの姿が懐かしまれることもあるのでは?今回泊まったホテルの方は、「工事が終了する2015年以降にはまた来てね」と言っており楽しみなものではありますが、公式スケジュールの工事終了の2014年から遅れ気味みたいなことを示唆しているようで気になります。
2013年05月07日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]