PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201304194957

アイルランド在住者の目から見た、アイルランドの暮らしぶり 〜 アイルランドワーキングホリデー

 「不景気」とか「失業」といったありがたくない枕詞を付けられて久しいアイルランド。 では実際、不景気な現在の暮らしぶりはどうなのか……とこの国に住まう様々な背景を持つ人々にインタビューをした記事が新聞に載っていました。 当然のことなのでしょうが、「こんなに人によって色々なんだなあ」と興味を持って読みました。親しい者同士でもあまり懐事情とかの話はしにくいですし、自分もオープンにしたくないトピックですものね(苦笑)。
 人によって百人百様なので、これがアイルランドの生活状態だというわけではありませんが、アイルランドでの生活が生々しく感じられたような気もしましたので、11人のうち3名分をご紹介してみます。因みに2012年におけるアイルランドでの平均給与は€35,767.68(≒461万円)だったそうです。

<ある成人学生の場合>独身、ダブリン在住。収入はアルバイトと大学からの助成金で一週間に €70から €200ほど(≒9000円〜25800円)。家賃は親が負担。

Q1.ご自分は裕福だと感じますか、それとも困窮していると思いますか?
 →「生活に困窮しているとは感じないですね。お金がないのは一時的なものだと感じているので」

Q2.毎日の生活はどんな感じですか?
 →「毎週の収入はばらばらで、自分のバイト次第です。友人たちの中でも自分だけが学生生活をしていると難しいです。友人たちがよく奢ってくれたりしますね。でも皆が学生だった時に自分が働いていて、友達に奢っていましたよ。お金に関して<どんぶり勘定>な性格なのか、身分相応な収入に応じた生活ができていません。借りを作ってばっかり。でも何とかなるんですよね〜、それにしても来週払わないといけない請求書、どうやって払ったらいいのやら。」

……私にとって典型的なアイルランド人のイメージを持った一例のような気がします(笑)。

<ある大金持ちの場合>子どもあり。数年前に事業に成功。現在およそ77億〜90億円相当の流動資産(現金、預金など)がある。不動産及びいくつもの事業を掛け持つ。

Q1.ご自分は裕福だと感じますか、それとも困窮していると思いますか?
→「今までの人生で収入相応の生活をしてなかったことも多かったけど、今はそれ相応の生活をしているかな」

Q2.毎日の生活はどんな感じですか?
 →「裕福ならではの特権もあるけど、一番楽しいのはごく普通のこと、たとえば地元のパブで一杯やったりすることだよ。これはもう金持ちだろうが失業中だろうが関係ないね。
金持ちだからって特に大成功を収めたとかそんな気持ちはないよ。お金なんて事業やいろんなことをするための“燃料”みたいなものだし。自分が特別とかそんなこと思わない。むしろ人々が自分のことを<ミリオネア>だとか紹介すると頭にくる。たまたま富があるだけのことなのに。生活費はそこまでかかっていないよ、だいたい年間2580万円〜3200万円って感じかな。旅行がそのうちの多くを占めますね。一方でテスコに行ったらトマトの値段はチェックするよ、だってぼったくられたくないしね。」

……そんなセリフをさらっと言ってみたいです!?

<ある難民の場合>独身、ダブリン在住。月に約2万4千円を国から受給。

Q1.ご自分は裕福だと感じますか、それとも困窮していると思いますか?
→「すごく困窮していると思います」

Q2.毎日の生活はどんな感じですか?
 →「ダブリンのHatch Hallにいた時は週に約2,460円を受給されていましたが、自由は全くなく常に拘束されていて精神的拷問を感じ、耐えられなくなり2月に退所、現在社会福祉のお世話になっています。仕事を見つけられたらいいなあと思いますが、現在受け取っている週€188(≒2万4千円)で生きていくのは大変です。でも少なくとも今は誰にも監視されないですし、友人を招くこともできるので自由を感じます。アイルランドで難民受け入れを希望すると、6〜7年は働くことも勉強することも許されません。私が母国にいた時は、公務員の仕事をしており、町議員もやっていました。政党を立ち上げた りもしましたが肉体的拷問を経験し、アイルランドへ逃れてきました。しかしこの国で今度は精神的拷問を経験することとなり、自身の生活を自己管理することもできませんでした。」

 ……難民受け入れ希望者に関する情報は、なかなか耳に入 ることも少なく、どちらかといえばこういった人々がアイルランドへやってきては、権利を悪用しているとかそういう噂話を聞いたことがある程度でした。その 一方でこういう扱いを受ける人々も実際いるわけで、非常に複雑な気分になります……。どこの国でも抱える問題なのだとは思いますが、難しい問題ですよね――。
2013年04月19日(金) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(2)


アイルランド関連の記事

この記事へのコメント

Uisce 2013/04/20/05:00
>ジャパネットさま
コメントありがとうございます。不景気なことも失業率なこともよくニュースでやっているものの、実際一人ひとりの生活はどうなのかというと、表に出てこないことが多いですよね。言いたくないというのもありますし、人の目(?)もありますし……。少しでもお役に立てれば幸いです。

ジャパネット 2013/04/19/23:16
一般的に失業率(あくまでパーセンテージ)のみがニュースとなっていて、難民の話含めその実情が不透明だったので勉強になりました。ありがとうございます。

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]