PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201303154912

イギリスのベジタリアン事情 〜 イギリスワーキングホリデー

イギリスのベジタリアン事情 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
野菜中心の食生活もいいものです
 イギリスに来ると、レストランなどでベジタリアン・メニューをよく目にすることがあると思います。イギリスには、ベジタリアンを始めとする菜食主義の方たちが多くいます。菜食主義者といってもそのスタイルはさまざまで、赤身肉を食べない(鶏肉と魚は食べる)ベジタリアンや、全肉・魚類を食べない通常のベジタリアン、また、乳製品も一切口にしないヴィーガンというタイプの菜食主義もあります。菜食主義にいたる理由は実に様々で、主に「単に肉・魚類が好きではない」、「健康上の理由」、「動物愛護の理由」などがあります。
 日本食生活に慣れていると、肉の塊のローストなどが胃腸に重く感じることもあり、ベジタリアンになってみようかと思うことも多々あります。そういった経験もあり、イギリス人の多くがベジタリアンになっていく理由もなんとなく理解することが出来ます。ただ、ベジタリアンのお客様をディナーに招待するときには、やや注意が必要です。ベジタリアンの方にはベジタリアンの料理を別に作る必要があります。野菜中心の健康的な日本食といえど、出汁などの材料を多く使う日本食は、必ずしもベジタリアン・メニューに向いているとは言えません。事前にお客様の食べられるもの食べられないものをよく確認しておくことをお薦めします。イギリスでは、美味しいベジタリアン・レシピも考案されており、ベジタリアンでも豊かな食生活を送ることが出来ます。ベジタリアンの方もそうでない方も、一度美味しいベジタリアン料理にチャレンジしてみませんか。

2013年03月15日(金) written by あっこ from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]