PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201303054900

英国から日本への小包配送 〜 イギリスワーキングホリデー

英国から日本への小包配送 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
クロッカスが咲き始めました
クロッカスの花が咲き始め、春らしく明るいエディンバラからお届けする今回の情報は、恐らくみなさんも突き当たる問題”日本への小包配送”についてです。
日本へのプレゼント等を送りたい時、配送方法に悩みますよね。やはり小包であればポストオフィス(郵便局)が一番安いのではないでしょうか。以前、日本へ3キロほどの物を送ろうと、お家で小さな箱に詰めて郵便局にもっていきました。30x20x15cm程のダンボール箱でした。信用のできないイギリスの郵便局なので、サインフォー(書留)もお願いしました。金額を聞いてビックリです。80ポンドもするとのこと。また、書留もできないと。ちょっと高いなと悩んでいると、スタッフがアドバイスをくれました。2つに分けて、箱以外の方法で包装し、2キロ以下にすれば安く送れるよと。早速家に帰り、2つにわけもっていくと、2つで書留付で約50ポンドになりました。同じ物を送るにも方法で、こんなに違うのかと驚きです。恐らく、スタッフの知識によってアドバイスが変わってくるとおもいます。今回も贈り物を検討中で、どうしたら安く済ませるか悩みますがやはり、郵便局が一番かなと考えています。

イギリスにはこのようなトリックがいくつか見られます。例えば、交通機関。以前、旅行をしたコーンウォール地方。チケットを1枚で買うのではなく、数枚に分けて買えば数十ポンド安くなりました。スーパー等でみられる2FOR1セールは、1つで1ポンド30ペンスなのに2つで1ポンド。お店の人に、確認をしてしまうほどでした。どんな理由があるのか知りたくなりますが、お買い得には違いありません。

良い方法をご存知の方、是非ご投稿ください。情報お待ちしてます。

2013年03月05日(火) written by アンナ☆マリア from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]