PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201302264894

通勤に必要な定期を買う 〜 イギリスワーキングホリデー

先日からご縁があって、ロンドンで約2ヶ月ほどの仕事をいただきました。短期ですが勤めは朝から夜までの通常勤務。よって現在暮らしているブライトンからロンドンまでの通勤です。

今まで在宅業務を含む仕事に関わっていたので、一度でいいから「毎日同じ場所に通勤」をと夢見ていたので、うれしさもありましたが、気になっていたのは交通費です。現地企業は基本的に交通費を負担してくれるところは少ないので、多くは自己負担になります。

ブライトンからロンドン(例えばブライトン行き列車が発着する駅のひとつ、ビクトリア駅)までは電車で約1時間10分。朝と夕方の通勤・帰宅時(いわゆるPeak-time)に電車を利用すると往復でなんと45.80ポンド!これでは1ヶ月の間にかかる交通費が900ポンド以上になり、さらにビクトリア駅から地下鉄を一駅でも利用して通勤するなら、1000ポンド以上はかかってしまいます。

こんなときに利用したいのがSeason Ticket(定期)です。
『National Railway』(下記URL参照)に「Season Ticket Calculator」と言うタブがあるので、そこをクリックすると自分の利用する駅から勤務先の最寄駅までの定期の値段が利用期間ごとに表示されます。

例えばブライトン駅からビクトリア駅は1ヶ月で;
>(特定の会社で運行される電車に乗れば)370.60ポンド
>もしこれにロンドン・トラベルカード(地下鉄1日乗車券)を加えると372.10ポンド
>電車の運行会社の指定を取り払って、地下鉄乗車券込みは473.10ポンド

上記をみるとお分かりいただけると思うのですが、請け負う仕事も考慮が必要です。パートなどで時給が10ポンド以下になってしまうと、結果的に「働くためにお金を払う」状態になってしまうことがあるからです。私は経験のための「ロンドン通勤」と思ってはいるものの、まったく「お金を気にしない」と言うとうそになってしまいます…。

ブライトンからロンドン通勤をする人は多いものの、毎回の電車の遅延は当たり前なので、時間を見越して家を出たり、ある程度心の余裕も持っていたりすることが重要な気がします。みなさんも住んでいらっしゃる小さな町から、より大きな都市へ仕事を考えていらっしゃる場合は、まずは交通費のチェックをされるのも仕事探しの目安になるかもしれません。

National Rail Enquiries 公式サイト
http://ojp.nationalrail.co.uk/service/planjourney/search
*定期購入時にはパスポートサイズの写真がいります。購入の詳細はウェブサイトでご確認ください。
 



2013年02月26日(火) written by Muchiko from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]