PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201302194881

チャイニーズニューイヤーイベント in Re:START 〜 ニュージーランドワーキングホリデー

チャイニーズニューイヤーイベント in Re:START 〜 ニュージーランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
たくさんの人だかりのイベント会場
 すがすがしい夏が続き、徐々に秋の気配を感じ始めたクライストチャーチ。中国からの移民が多いこの国では、毎年この時期になると、チャイニーズニューイヤーのイベントがたくさんあります。今回は、そのイベントのひとつ、「Chinese Cultural Night In Re:START」をご紹介します。
チャイニーズニューイヤーイベント in Re:START 〜 ニュージーランドワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
竜の舞。とっても盛り上がってました
Re:STARTというところは、クライストチャーチではポピュラーな場所で、2年前の地震でもたくさんの被害を被ったCity Mallにできました。コンテナーを使ったユニークなショップがおしゃれに立ち並び、たくさんの観光客で賑わいを見せます。そんなおしゃれな町並みの一角で行われたイベントですが、あまり告知されていなかったのにもかかわらず、さすがのチャイニーズパワーで数千人もの人であふれかえっていました。
チャイニーズの偉い人らしい人のスピーチや、クライストチャーチ市議会委員の女性のスピーチと彼女が覚えたと言う中国語での歌の披露、そして竜の舞ダンスなどが繰り広げられました。地元の人たちも興味津々、そして子どもたちもとっても楽しんでいました。

チャイニーズニューイヤーイベント in Re:START 〜 ニュージーランドワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
QUAKE CITYの展示場もオープンしていました
その後は、たくさんの出店があったのでそこで夕ご飯。最近リオープンしたレストランの出店では、シェフが麺作りを披露していました。そこにはたくさんの人だかり。しかも一皿3ドルとかなりリーズナブル。さらに美味しいとあってたくさんに人が並んでいました。
最後の締めくくりは花火。このイベントは7時から9時までと書いてあったので、てっきりみんな9時に(現在まだ日が高いので暗くなるのは9時くらい)始まるだろうと思い花火の場所で待っていましたが、始まったのは結局10時。でも、さすがにクライストチャーチの人はのんびり待っていました。日本だとこういう場合クレームでしょうかね??花火は、思いのほか地味な感じではありましたら、全体としてとても楽しめました。

異文化のイベントはとても楽しいです。来週末には毎年たくさんの人でごった返すランタンフェスティバルが開催されます。それも見逃せませんね!
2013年02月19日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]