PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201301294856

フランスで食べたい、寒い冬にあったかいうどん 〜 フランスワーキングホリデー

フランスで食べたい、寒い冬にあったかいうどん 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
フランスで手作り、手打ちざるうどん、
あったかいうどんもいいですが、つめたいのも・・・
慣れるとけっこうなものもできますよ、
「カントリータイガー」もびっくり
日本では今年、例年にない厳しい寒波に見舞われているようです。一方、フランスも近頃寒い日が続いて雪も結構降っています。寒いですね。こんなときは何か温かいものが食べたい。そうだ!うどんだ。
フランスで食べたい、寒い冬にあったかいうどん 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
スーパーに売っている普通の小麦粉と塩と水で・・・
フランスの粉はグルテンが多いので
難アリなところもあります
寒い日に温かいもなら汁物で、麺類で、というのはすっかり日本人のすりこみなのでしょう。うどんにしろラーメンにしろ、そんなものが真っ先に思いついてしまう帰国の地ではどんなのもが期待できるかと言うと、うれしいことに、あるいは残念なことに、あらゆるものが手に入ってしまうのですね。お金次第で。
パリ中心の日本人街にはうどん屋さんがあり、うどんがメニューにある店がいくつもあり、日本で食べるよりグッと高価でも法外ではない。心も体もあたたまる祖国の味をもとめて暖簾をくぐりましょう!

でも、倹約したい人には手打ちという方法があります。日本にいて趣味でうどんを手作りするなんてあまりモチベーションが上がりませんが、フランスならもう小麦粉1キロ1ユーロの原価でお財布にやさしく、おなかに厳しい!ただし、うどんつゆだけはどうにもならないので日本食材の店でだし、あるいは濃縮つゆを求めなければなりません。
フランスで食べたい、寒い冬にあったかいうどん 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
粉と水がなじんできたら(上)、
踏むべし、踏むべし、踏むべし(下)
フランスで食べたい、寒い冬にあったかいうどん 〜 フランスワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
ここから先、技なんていりません。
パスタマシン、
市価20ユーロの出番です。
これで十分おいしいのです
2013年01月29日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]