PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201301224844

NZの夏の休日を楽しむ! 〜 ニュージーランドワーキングホリデー

NZの夏の休日を楽しむ! 〜 ニュージーランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
長期滞在型のキャンパーバンたち
 新年になっていい天気が続いています。
NZに住んで早9年目になりますが、その年によっていい夏とすごく寒い夏があります。今年はと言うと、今のところいい感じの夏です。
その夏を楽しむ為のひとつの方法として、「キャンプ」があります。

もちろん、キャンプは日本でもおなじみだとは思いますが、こちらの人は日本人以上にキャンプへの敷居も低く、たくさんの人が休日になるとキャンプに出かけます。しかも、長ーく出かける人が多いです。ちなみに、今回私が行った「Pigeon Bay(ピジョンベイ)」というキャンピンググラウンドの海沿いには、キャンパーバンやキャラバンがずらーっと並んでいました。そこに住んでいる人と話すと、この時期になると1ヶ月ここで過ごすとのことでした。自分でソーラーパワーを持ってきたり、さらにシャワーもないので太陽光の熱で水を温める装置を作ったりしている人もいました。かなりキャンプの達人です。上には上がいますね。



NZの夏の休日を楽しむ! 〜 ニュージーランドワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
着いたら晴天!
キャンプ日和のピジョンベイ
敷居は低いとはいえ、恥ずかしながら私がキャンプに行くのは今回が初めて。しかもテントで寝るのも初めてでした。しかも、電気なしシャワーなし。最初はとっても不安でしたが、1泊だし寝れなくても大丈夫大丈夫と自分に言い聞かせていました。
さて、ピジョンベイに到着すると、晴天。キャンプにはもってこいの気候。
早速キャンプサイトの中にあるビーチで泳ぎ、その後魚釣り。魚は残念ながら取れませんでしたが、ビーチにはたくさんの貝があり、ザックザックと採れました。それはそのまま夕ご飯へ。贅沢ですね。



NZの夏の休日を楽しむ! 〜 ニュージーランドワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
どでかいムール貝
夕ご飯は、キャンプの定番のカレーを作りみんなで楽しんで食べました。
次の日はさらに先の方に行ったリトルアカロアというところで、ムール貝が贅沢なことにわんさか採れました。通常売られているのは10センチくらいですが、今回採れたのは15センチくらい。これはおうちに帰ってワイン蒸し煮していただきました。美味しかった。。。



今回は、初の挑戦ということで1泊だけでしたが、次はぜひ2泊以上にしてもっともっとキャンプを楽しみたいと思います。
2013年01月22日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]