PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201301014814

フランス、クリスマス高級食材にためいき 〜 フランスワーキングホリデー

フランス、クリスマス高級食材にためいき 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
料理バラエティー番組でしか見ない
「トリュフ」です、1キロ1990ユーロ!!!
クリスマスになるとなんだかおいしいご馳走にありつけそうな、そんな予感がします。郵便ポストには近所のスーパーや商店のクリスマスセールの広告が入り、店内には尋常ならざる品揃えとなります。
驚くのは食材の豪華さでしょうか。ふだんならほとんど店頭でもあまり見かけないような高級なものが、ここぞとばかりにそろっています。昨今のヨーロッパ不況で、クリスマス消費は前年比マイナスという話がメディアから聞こえてきますが、食材の豪華さではそんなそぶりも見せません。もしかすると単価が下がっているのかもしれませんが。

フランス、クリスマス高級食材にためいき 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
フォアグラ、これは生のもので、
低温でじっくり調理するか、
ソテーするか・・・
いわゆるジビエという季節の獣の肉、クリスマスならではのトナカイの肉、フォアグラ、スモークサーモンや新鮮な魚介類。人それぞれ好みはあるでしょうが、フランス人のご馳走基準がなんとなくうかがえる、そんな季節の売り場です。日本ならどうでしょう?年末にはアメ横でマグロ、トロ、かに、酢だこなどなどがびっくりする値段でうられているにがテレビで流れる・・・そんな感じでしょう。
もちろん飲み物はシャンパーニュの発泡酒で、これもまた年末のクリスマスセールでワインとあわせて品揃えが豊富になります。もちろんワインだって普段から品揃えはいいですが、どう見ても普段はチョット買えない様な高価なものがずらり。圧巻です。もちろん食前食後の多種多様なアルコール類だって豊富です。一体この時期の食品売り上げっていくらになるのでしょう?
フランス、クリスマス高級食材にためいき 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
魚介ではオマールえびやイセエビの類が。
「キャビア」はさすがにスーパーでは
見かけません。左上の瓶詰めは、
何かの魚の卵で代用キャビア!
フランス、クリスマス高級食材にためいき 〜 フランスワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
庶民のみかた、一人ぶん
フォアグラ2.95ユーロ。私はこれで十分です。
2013年01月01日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]